1. TOP
  2. 第2ステージ(OEM商品×Amazon)
  3. Amazonアカウント一時停止!改善計画書に盛り込むべき5つの事

Amazonアカウント一時停止!改善計画書に盛り込むべき5つの事

第2ステージ(OEM商品×Amazon)
この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは、石山です。

Amazonアカウントが一時停止した事がある人は、

よく分かると思いますが、精神的に結構ダメージです。

特に経験が浅い方にとっては、パニックになってしまうかもしれません。

嫌がらせを受けた時もパニックですけどね。


ですが、Amazonの仕組み(機械的かつ非情な部分)に慣れれば、

冷静に対処できるようになるので、ここでは対処方法を学びましょう。

この記事でわかる事
1、Amazonからの非情なメールに焦ることがなくなる
2、閉鎖でなく一時停止レベルなら取り戻せる事が分かる
3、テクニカルサポートへの通報方法が分かる


改善計画書のシナリオの作り方

これを読んでいる方は、すでにピンチな状態だと思うので、

早速、Amazonへの改善計画書のシナリオについて書いていきます。

1 Amazonへの謝罪

まずは平謝りをします。

文章例:
この度は、Amazonにおける弊社の販売状況が、規約などへ抵触してしまい、多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
大変申し訳ありませんでした。

2 今回停止となった原因を伝える

次に、原因を理解していることをハッキリ伝えましょう。

言い訳は厳禁で、正直に伝えます。

例えば、良いレビューを集めたかったが、違法に集めてしまった場合。

文章例:
弊社がアマゾン販売をスタートしたことを知人に話して「商品について意見を欲しい」と伝えましたが、知人がレビューをAmazonの規約に法らない形で記載してしまいました。


という形などですね。

3 改善策の内容

続いて、改善策の内容について

できればPDCAサイクルに則って書きましょう。

PDCAというのは、仕事を円滑に進めるための有名なキーワードで、

「P (Plan)」:計画を立てる
「D (Do)」:実行する
「C (Check)」:検証する
「A (Act)」:検証に基づいて行動する

の略です。

この流れにしたがって、以下の例のような形で、

記入します。

文章例:

P :規約を理解し社内マニュアルの作成
(こんなマニュアルを作った、という事例を示すと尚良い)

D :社員、もしくは自分にそれを実行させる
(実行した形跡を示すと尚良い)

C :あなたがチェックしテクサポにも随時聞く
(テクサポに相談しながらAmazonの意向に沿わない行動はしないことを示す)

A :問題があればマニュアルに反映
(随時、アップデートしていく旨を伝えましょう)

 

とにかくここで本気で改善計画をしているアピールしましょう。

計画書に書いたことは、実際にやるやらないは自由ですが、

あなたの成長のためには、有言実行を守った方が良いでしょう。

画像はURLで送る

Amazonは添付ファイルがセキュリティ上開けないので

マニュアルや画像はテキストタイプか、

サーバにアップしてURL送りましょう。

Amazonは「マニュアル」と言う表現を好むなので、

おすすめです。

「○月○日○時に××担当のAさん、

Bさんと△時間~~~の会議をした結果、、、」

など、とことん具体的に記載します。

4 なぜこの改善策が有効なのかを補足する

こちらのマニュアルによって、すでに今までこのようなピンチを乗り越えた、というエビデンスを載せるなど、

3項目目で「PDCA」で説明したことも根拠に挙げられれば、

納得してもらえる可能性は上がります。

5 改善策の効果が出る時期を明示する

「すでに実行した」 or 「出品開始直後には解決」

でないと、結構厳しいです。

目的は「Amazon出品させても大丈夫だな」と相手に思わせる事です。

「YYYY / MM / DD / xx:xx:xx AM/PM」の形で

より具体的に書きましょう。

6 改善策の責任者

最後に、具体性を持たせるために

フルネーム・電話番号・肩書役職を書きます。

やっちゃいけないのは、

「この程度で処罰重すぎ」とか

「Amazonで復活しないとやばいんです」

などを遠回しに記述するような事はしてはいけません。


Amazonを批判する内容や情に訴えかけて甘えるような内容は

何のプラスもないです。

自分の不正を仮説&特定して誠意で謝罪

まとめると、

不正だと思われてしまった部分は「どの部分か」を

きちんと仮説を立てて、ある程度特定してください。

というのも、Amazonははっきり言わないんですよね。


「あなたのこの●●というレビューが、自社レビューとして入れたからペナルティを課してます」


みたいに具体的には言ってくれないです。


なので、自分の中で規約を違反している部分を特定して、

誠意をもって謝罪し、今後絶対に発生させないような

社内マニュアルを作成して、それを全社員に共有をしたことを

伝えた方がいいです。

諦めずに何回もやり取りする

やり取りは数回になることもありますが、

諦めずにやっていきましょう。


合わせて読みたい

嫌がらせの種類とテクサポへの通報方法


カテゴリーから探す

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら