クライアントの声

わずか1商品で月商1100万を達成したNさんが、難易度の高い商品特有の問題を乗り越えた3つの成功のカギ。

安藤文江

実績はこちら

Nさん実績
Nさん実績

OEMメインにシフトするタイミングでOBCに入会

石山
月間MVPということで、Nさんに来て頂きました。よろしくお願いします。
Nさん
よろしくお願いします。
石山
OBCに入会されたのは?
Nさん
2021年の4月なので、1年3か月ぐらいですね。
石山
これまでの経緯を教えていただけますでしょうか。
Nさん
メーカーの研究職で、9年ほど勤務していました。2017年に、欧米輸入を始め、3年経って、物販だけで生活ができそうだったので、法人になるタイミングで(会社を)辞めました。2020年頃に、中国輸入も始め、2021年に、OEMメインで本格的にやりたいと志し(OBCに)入りました。OBCに入ってからは、4商品リリースし、1商品当たっています。

意匠権侵害のトラブルの迅速な対応

石山
色々なトラブルがありましたね。
Nさん
ありましたね。
石山
今、やっているプライムデーでは、売り上げも、利益も出ていると思うんですけれど、トラブルもありましたよね。
Nさん
2つトラブルがありました。1商品目は、意匠権侵害で訴えられて、解決はしたんですけど、別の人に訴えられたので、撤退して、形を変えています。
1商品は、始め、とても調子がよかったんですけれど、規模が縮小して、在庫処分状態になってます。

3つの成功のカギ

①折れずにビジネスを続ける気持ち

石山
上手くいった要因は、何かありますか?
Nさん
3つほどあります。1つ目が、上手くいかなくても、そのまま突き進むこと。上手くいかなかった場合、「別の商品で当てればいいや」といった気持ちで、気持ちを切らさずに続けたのがよかったのかな、と思います。
石山
最初から、メンタルは強かったですか?トラブルが起きたときに、繊細な方は、嫌になって、仕事が手につかない方がいるんですけど。どういう気持ちで取り組んでいましたか?
Nさん
2017年から、欧米輸入やってますので、そこで揉まれましたね。
石山
アマゾンで起きるトラブルに慣れていたということですか。
Nさん
そうですね。偽造品の侵害や、商標トラブルで止められもしました。
石山
そこに免疫があったということですね。ある程度、軌道に乗ったら、慣れてきますよね。

②準備でムダな時間を作らない

Nさん:
売り上げを伸ばした理由の2つ目は、(商品を)いくつも同時進行で進められたところです。リサーチをして、上手くいきそうな商品を1個だけ進めてしまうと、どこかで詰まったりします。

結局、それが発売できない場合、2-3か月ダメ(販売できない)ので、そういうラグを無くしたいと思って、何商品も同時に(準備を)したのが良かったです。

石山
戦える商品がなかなか作れないこともあるので、同時に、8商品、9商品やって、(その中から)4商品リリースできたということですね。

③コロナのタイミングで受けた融資で選択肢が広がる

Nさん:
3つ目の要因は、融資が受けられたことですね。私は欧米輸入をやっていたので、前から借りてたいたのですが、何商品もできる資金力がありませんでした。昨年の8月頃にコロナで、欧米輸入の海外の工場が止まり、売り上げがガタンと落ちたところで、イグサさんに相談しました。そこで「セーフティーネット4号をとった方がいいよ」というお話を聴いて、地銀と信金に相談したら、結構借りることができました。

石山
このビジネスって、上手くいっていても、成長スピードが早い会社は、資金が必要になってきます。(資金が)あるかないかで、選択肢が変わります。

講師のアドバイスで、アイデアが磨かれた

石山
元々、欧米輸入をやられていたNさんが、2021年にOBCに入られて、どう活用されたか教えていただけますか?

Nさん:
一番大きかったのは、ノウハウを講師の方から学べたことです。リサーチをして、厳選したものを提案して、講師の方から色々なアドバイスを頂いていました。アドバイスからリサーチの基準や、(アイデアの)考え方が、段々ブラッシュアップされていくのが良かったです。実際に商品を探すだけではなくて、リリースの時に、画像も見てもらって、どうやったらお客さんにより響くか、商品をどうやって売っていくかについて、相談に乗っていただいて、参考になりました。

石山
商品選定から販売まで、勝ちパターンみたいなところを掴めたということですね。

勉強会、朝活であがった経験値

Nさん:
2つ目が、OBCの勉強会存在です。どうしていいかわからない時に、石山さんや、他の講師陣の意見もそこ(勉強会)で聞けますし、最終的に「やっぱりこの答えが正しかった」という確証も得られます。出席者の存在も刺激になりました。

3つ目は、朝活の存在です。OBCに入って、すぐに朝活メンバーを募集させて頂きまして、3人から始まって、今、5人の方と隔週でやらせて頂いてます。(メンバーの)中には結構売ってる方もいるので、成功体験をシェアできますし、私も含めて、意匠権侵害のトラブルや失敗経験もシェアすることで、経験値がたまっています。

石山
朝活だと商品をオープンにして、事例が見れますね。5人の方、5社分の商品のリリースからの経緯や、トラブルの対処法がわかりますね。アマゾンは、色々なトラブルがあるので1人だけの力ではなく、(メンバーの)繋がりは重要です。

OBCの環境を活用して、根気強くやり続けること

石山
最後に、何か一言お願いできますか?

Nさん:
このビジネスをやっていて、上手くいかないことがあると思うんですけれども、やり続けると、ゲームのように、経験値が溜まって、どこかで上手くいったりするので、根気強くやることが大切です。あと、OBCは、石山さんはじめ、講師陣の方がいらっしゃるので、わからないことや、悩みを気軽に相談して、前に進んでいってください。

石山
(ビジネスを)ノーミスでいきたい性格だと、トラブルが起きたときに、ダメージが大きいですね。講師とはコミュニケーションとれていますか?
Nさん
とれています。僕が連絡するタイプではありません。本当にわからないことにはアドバイスを頂いたりしますが、自分でできそうなことは、自分でやっています。
石山
そこが良かったです。色々自分で考えて、調べて、自分の見解を持った上で、相談してくる、というところで「この人は上手くいくな」と思ったんだと思います。
あわせて読みたい
わずか1商品で月商1100万を達成したNさんが、難易度の高い商品特有の問題を乗り越えた3つの成功のカギ。
わずか1商品で月商1100万を達成したNさんが、難易度の高い商品特有の問題を乗り越えた3つの成功のカギ。
あわせて読みたい
副業で限られた時間ながらも、たった1商品で年商1億8,000万円を達成したHさんの話
副業で限られた時間ながらも、たった1商品で年商1億8,000万円を達成したHさんの話
あわせて読みたい
AmazonOEM×自社ブランディングでシナジーを生み出し成功を勝ち得たKさんのお話
AmazonOEM×自社ブランディングでシナジーを生み出し成功を勝ち得たKさんのお話
あわせて読みたい
相乗り転売していた商品にブランディングを施し、月商850万円を達成したFさんのお話
相乗り転売していた商品にブランディングを施し、月商850万円を達成したFさんのお話
あわせて読みたい
Kさんが月商1700万まで大きく飛躍した改善策とは
Kさんが月商1700万まで大きく飛躍した改善策とは
ABOUT ME
記事URLをコピーしました