1. TOP
  2. アマゾンでライバルセラーの在庫と販売個数を丸裸にする方法とは?

アマゾンでライバルセラーの在庫と販売個数を丸裸にする方法とは?

こんにちは、中国輸入ビジネス(OEM)の専門家、石山です。

以前、アマゾンのリサーチについての記事で、「在庫はツールを使わなければ最大30個までしか見られない」と書きましたが、実はある方法を使うと最大999個までチェックする方法があります。

 

今回は「アマゾンでライバルセラーの在庫と販売個数を丸裸にする方法とは?」と題し、在庫を具体的に知るメリットや、在庫と販売個数をチェックする方法についてまとめていきます。

以前にまとめた記事について

以前にまとめたこちらの記事では、Amazonの検索結果や商品カタログの見方などを中心に解説しました。

 

この記事のメインは商品リサーチをする時の着眼点や、商品カタログの全体像などに主眼を置いていますので、敢えて在庫の細かい話には触れず、ツールを使えばチェックできるという内容程度に留めています。

 

在庫を具体的に知るメリットは?

pak86_ryoumimidekikikaesudansei20140713_tp_v-1

もちろん先ほどご紹介した記事でも、30個までであれば在庫を把握できますので、相乗り出品であればそれでも十分な場合はあります。
ですがOEMになると1日数十個売れるのは普通ですので、30個程度の在庫しかわからないと、OEMにおけるライバルセラーの正確な販売個数を知るのはほぼ不可能です。

 

そういう時に、これからお伝えする方法を使っていただければ、最大999個まで在庫をチェックできます。
999個まで在庫をチェックできるメリットは、大きく2つあります。

 

販売個数を知ることができる

1つ目は販売個数がわかるということ。
30個までしか在庫を調べられないと、お伝えした通り1日数十個売るライバルセラーの場合はまったく意味がありません。

 

さすがに1日999個以上売るセラーは稀ですので、仮に数日では正確にわからなかったとしても、ある程度チェックを続ければ1日にどのくらい売れているかはわかります。

 

あなたがOEMをする時の売り上げや仕入れの目安がわかる

OEM商品の販売は利益率の高いビジネスですが、当然のことながら闇雲に仕入れをすれば良いわけではありません。
そして、あなた自身の資金力とも相談をする必要があります。

 

OEMをしようと思う商品をある程度回せる資金力が無ければ、どんなに可能性を秘めていても無理が生じる可能性があります。
早い段階でその見極めができれば事前に資金を調達できますし、売り上げが見えればあなた自身のモチベーションにも好影響を与えますよね。

 

逆にそれらがハッキリ見えていない状態で、OEM商品を扱うべきではありません。
OEM商品を作る時の具体的な作業や流れについては、こちらの記事でまとめています。

 

ライバルセラーの在庫と販売個数を丸裸にする方法とは?

では、具体的なやり方について解説していきます。

 

ライバルセラーの在庫を丸裸にする方法

まずは在庫をチェックしたい商品の商品カタログにアクセスし、「カートに入れる」をクリック。

2016-10-13_070735

次の画面で「カートの編集」をクリックします。

2016-10-13_070754

そして「数量」という文字の下の、数が表示されている部分をクリックすると、

2016-10-13_071247

数を選択できますので、「10+」をクリック。

2016-10-13_071301

するとこのように数を手入力できるようになりますので、

2016-10-13_071613

「999」と入力して、「更新」をクリックします。

2016-10-13_071728
※キーボードが「半角英数」になっていないと数字の入力はできません

 

すると大体は999以下ですので、このような表示になります。

2016-10-13_071748

この商品の場合は、現状237個在庫があるというわけですね。

 

ライバルセラーの販売個数を丸裸にする方法

ここからどうやって販売個数を割り出すのかというと、正直マンパワーに頼るしかありません。
できれば同じぐらいの時間に何日間か同じ方法でチェックすれば、正確な販売個数を割り出すことができます。

 

運が良ければ数日のチェックで販売個数の目安はわかりますが、ライバルセラーが在庫を追加したり、999個を超えるような場合には正確に把握できませんので、場合によっては2週間くらいチェックが必要になります。

ですがこれで正確な販売個数がわかるイメージは持っていただけますよね。

 

あなたがやるべきではない、単純だけど時間がかかる作業

販売個数のチェックのやり方自体は、この記事を一度見ればすぐに理解できるくらい簡単なものです。そして、1、2商品であれば大した労力にはならないですよね。
ですがこれが50商品、100商品であればどうでしょうか。

 

いきなりそこまでのリサーチが必要だとは言いませんが、ライバルセラーの動向は知っておくに越したことはありません。
OEM商品であっても、相乗りであっても商品選定の時に非常に有効になりますので。
ただ、時間がかかりますよね。

 

1商品1分でチェックしたとしても、50商品になれば50分。つまりは約1時間かかります。
100商品だと100分ですので約2時間ですね。

「自分の時給以下の仕事は人に任せるべき」というのは以前に記事でまとめました。

 

販売個数のチェックについても同様のことが言えます。やっておくべき作業ではあるんですが、いつまでもあなたがこの作業に1時間も2時間も費やすのはもったいなさ過ぎます。

 

効率よく販売個数をチェックするために

yotaka160328440i9a9327_tp_v-1

この作業を効率よく行うためには、
・外注化
・ツール化
という2つの選択肢があります。

 

外注化する場合の費用

仮に外注化した場合の費用について計算してみます。

 

50商品で1時間と考えて、時給1,000円だとしたら、

1,000円 × 1時間 × 30日 = 30,000円

が月々の外注費になります。

 

これだと高いかもしれませんので、1商品10円でお願いした場合で計算してみます。

 

同じく50商品だとすれば、

10円 × 50商品 × 30日 = 15,000円

になります。

 

これをどう見るかはあなた次第だと思いますが、外注にお願いすれば少なくとも月に10,000円以上はかかる計算ですね。

 

ツール化する場合の費用

一方ツール化する場合には、私はセラーボハックというツールをオススメしています。

2016-10-13_074757

 

セラーボハックは無料版と有料版がありますが、大きな違いは登録できる商品数と在庫追跡日数です。

 

無料版 有料版
在庫追跡の商品登録数 3商品 1,000商品
在庫追跡日数 3日間 14日間

 

そして有料版であればツールを使うための費用は、月々3,960円です。
外注費と比べれば格安ですよね。

在庫追跡日数は14日間ではありますが、商品は1,000商品登録できます。

 

仮に1商品10円で、14日間1,000商品を外注にお願いしたとすると、

10円 × 1,000商品 × 14日 = 140,000円

になります。

 

1商品1円でも14,000円ですよ。そんな価格で引き受ける外注はおそらくいないと思いますし、1,000商品の時点でめげそうですよね。
ですがセラーボハックであれば、それが月々3,960円で実現できます。

もし14日で具体的な販売個数がわからなくても、再度商品を登録し直してツールを回すだけですので簡単ですよね。
作業の効率化、そして費用対効果を考えるのであれば、外注ではなくセラーボハックを使うことをオススメします。

 

まとめ(30秒で読みたい方はこちら)

・在庫がわかれば販売個数がわかる
・OEMの時の売り上げや仕入れの目安がわかる
・「カートの編集」から「10+」を選択すると数量を手入力可
・在庫がわかるのは最大999個まで
・チェックはすべきだが、あなたがやるべきではない
・効率化のためには、外注化orツール化
・外注ではなくセラーボハックがオススメ

 

OEMに本気で取り組みたい方は、メルマガでより詳しい内容、そして最新情報を配信していますので、是非ともご登録ください。

石山芳和公式メルマガの特典について

名前
メールアドレス

 

あわせて読みたい

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら