1. TOP
  2. 【深い話】会社員が副業から脱サラするための3ステップ(後編)

【深い話】会社員が副業から脱サラするための3ステップ(後編)

ライフハック 仕事術 習慣づくり
この記事は約 14 分で読めます。

中国輸入ビジネス(OEM)の専門家、石山です。

 

前回の記事の続きを書き進めていきます。
まだ読んでいない人は、こちらから戻って必ず読んでください。

ステップ2:「排除」(無駄を徹底的にカット)

無駄撲滅のチェックポイント(続き)

(3)時間(無駄を排除)

前回は、脱サラするために無駄を徹底的に排除することを推奨しました。

今回は、おそらく一番大切です。
人生は1回きりですから。

 

「時間」は均等に用意されているのに、
なんで、脱サラして大成功する人と、何もできない凡人に分かれるのか。

 

その理由は「利益に直結する時間の使い方」が出来ていないからです。
「脱サラ」を目指すあなたが、最優先で時間を取らないといけないのは「ビジネスの勉強」のはずです。

 

オリジナル商品(OEM)をAmazonで爆発的に販売する手法を学びたいのなら、この「Eマガ!」や石山のメールマガジンを、全て学んで実践する事が、何よりも重要です。

もしくは、あなたが「マーケティング」「コピーライティング」などクリエイティブの力を使って爆発的に稼ぎたいのなら、チーム石山のプロデューサーから学ぶことをお勧めしますし、

 

とにかく「一流」からビジネスを学ぶのが最重要なのです。

 

それ以外の時間は「あなたの収入を将来的に高める行動になるのか」と考えた時に、必要最低限の時間以外は、排除すべきだということです。

 

「石山さん、極論ですね」と思うかもしれません。
実際そんなに難しいことではありません。

では、ここからは「会社員」など時間に束縛されている人が、少しでも時間を生み出すために重要な行動ルールをリストアップしておきます。

 

「あなたにも当てはまる部分」は必ず実践してください。

 

1、会社で有利な立場に立てるように、実績を残しておく

pasona_37_tp_v-1

(営業職や実績を求められる人は、結果を出しておけば、遊んでいても何も言われない)

 

2、会社の飲み会は「実績」に繋がらない相手とは行かない

(仕事で忙しいふりをしたり、奥さんや子供がいることを言い訳にすれば、何も言われない)
(自分の周りの仕事ができない人と一緒に飲んでも、愚痴や社内政治、噂話で満たされ、生産性が無い)

 

3、「会社員として働く時間」を極力少なくする

(残業をするふりをして、家に帰ってビジネスの勉強と実践をしましょう)

 

4、毎日12時間以上働かされるくらいの仕事に就いているなら、成果報酬制の営業職に転職して、時間を作る

(脱サラして自分で身を立てて生きていく中で、一番活かされる仕事は「セールス」である。ものを売れるスキルがあれば、何があっても死ぬことはないから

 

5、テレビを捨てる

(テレビは、同情を買って商売をしている立派なビジネス。他人の人生を評論するためのエンターテイメントである。なので、それを観ていても、あなたは1円も稼げないことが分かるはず)

 

6、家で酒を飲まない

(酒は、脳の思考をストップさせる麻薬的な要素がある。会社の飲み会に参加する頻度も減って、家でも酒を極力飲まないようにすれば、思考がストップする無駄な時間を削れるだけでなく、健康にも良いはず)

 

7、会社の人とランチに行く頻度も減らす。一匹狼になる。

(孤独にならなければ、収入が高い新しい交友関係ができない。人付き合いを変えないと、あなたの収入は上がらない。そのために、一度、孤独になろう)

 

時間の使い方のまとめ

以上、いかがでしょうか。

会社にいる時間を効率よく減らして、効率よく給料を得る事を考えるために時間の使い方を考える項目ばかりだったと思います。

 

まとめると、

主に、会社の上司や同僚や部下。取引先のお客さんとの時間”
続いて、”メディア視聴による、他人評論をしている時間”
最後に、ストレスを発散するための時間”

という3つに分類できることがわかりますか??

 

つまり「時間が無い」と言い訳をしている人は、誰かに時間を奪われているだけ、だということが分かるはずです。

これは、あなたの目的を達成するためには、必ず排除しなければならない時間だと思いませんか?

今回は、会社員を例に取りましたが、公務員や主婦も一緒です。

 

というわけで、この記事を読んだら、「時間」と大きくノートに書いて「1〜7の項目の現状」を、胸に手を当ててみながら、ゆっくりと書いてください。

ノートから「課題」と「改善点」を洗い出して、時間効率の高い会社員生活を送り始めましょう。そして、徐々に浮いてくる時間を上手に使って、ビジネスをがっつり推進させてください!!

 

(4)遊び費

2016-10-15_192232

次に、邪魔なものは「遊び費」だと言えます。

 

この遊び代というのは、

・彼女とのデート費用
・友人たちと一緒に酒を飲む費用、
・旅行の費用
・ソープランドの費用

などいろいろな娯楽にかかる費用です。

 

本当にさっさと必要最低限の資金を貯めて脱サラをきめこみたい場合は、この無駄な遊び代を減らすようにしてください。

 

私自身、現在は数少ない友人と一緒に酒を飲む事もたまにありますし、年に4回くらいは海外旅行に行きますし、マッサージにも行ったりします。

 

でも、これは全て「億単位」を稼げるようになった自分へのご褒美として、参加しているにすぎず、決して、昔からそれをやっていたわけではありません。

 

今は我慢しておいてください。
ちょっとしたら何十倍も遊べますから(笑)

 

本当に価値の高い友人とだけお酒を飲んだらいいと思いますし、本当に価値の高い、一生の異性と一晩を共にするのはいいと思います。

それ以外の、価値の無い人間と、無駄な時間と無駄な遊び代を使っていては、それだけ脱サラは遠のくことを覚えておいてください。

 

(5)格好付け費

これは、基本的に周りの人間に「格好いい」と思われるために使う費用を全て含んだものです。

 

・格好いいブランドの服
・アクセサリー
・靴
・かばん
・帽子

だけでなく、女に認めてもらいたいが為に使う「貢ぎ費用」など、基本的に誰かに認めてもらいたいが為に使う費用、全てを指します。

 

人は、最終的に自分が大切なので、自分以上に大切なものはありません。
他人は、あなたのことを、そこまで重要視していません。

あなたが何をつけていようと、何を着ていようと、どこに住んでいようと、何に乗っていようと、基本的に興味が無いのです。

 

人の為に何かをするのを、止める必要があるのです。

他人にどう思われたいのかだけの為に、大切な脱サラのための軍資金を無駄遣いするのは、辞めたほうが賢いと、私は思うのです。

 

「でも、石山さん。私は石山さんのコンサル生ですが、いつも服装を変えろ、とか環境を変えろ、とか口うるさく言ってくるじゃないですか。矛盾してるじゃないですか。」

と、私のコンサル生から指摘を受けると思います。

 

確かに、人は見た目で人を判断しますし、貧乏くさい服を着ているよりも、高そうなスーツを着ている方が、周りが尊敬し、お金を払う確率も高くなることは、心理的にも証明されています。

ただ、私が言っているのは「尊敬されたいが為に、無駄に出費をするな」という事です。

 

コンサル生は、客観的に見てダサい格好なので、必要最低限、相手から見てプラスの格好に変化させなければならないから言っているだけで、最低限のいい身なりをして、効果的に周りの人間が、あなたを高く評価してくれるようにする、という明確な目標を持ち、そのための必要最低限の投資だというのなら、めちゃくちゃいい行動だと思います。

 

しかし、多くの人間は「投資からリターンを得る」という部分を忘れてしまっているのです。

数着、高級なスーツがあれば、それで十分だと思います。
それが、10枚のスーツ、10個の高級時計を持っていても、その投資から得られるリターンには限界があるはずなんですよ。

 

経済学で一般に言われる「 穫逓減の法則」がここに当てはまるという事なのです。

 

本当の目的を超えた、必要以上の出費をしないと決断してください。

あなたの目的は「脱サラ」です。

「格好付け」では無いはずです。

そこを理解して、さらに読み進めてください。

 

(6)悪い借金

2016-10-15_192341

「悪い借金」は絶対にしないと決断してください。

どんな理由があっても、悪い借金はしないでください。

 

ここで言う「悪い借金」は、何か高額な消費をした場合の「残額」をクレジットカードでリボ払いしていたり、誰かから借金をしたり、ローンカードでコツコツ支払ってるパターンを指します。

良い借金は「事業用」の「融資」を指すので、例えば物販では、資金があればあるだけ有利に決まってるので、資金調達は当然のようにチャレンジすべきで、この「良い借金=融資」は、今回は外します。

 

「悪い借金」はあなたから引退を遠ざける最も恐ろしい物なのです。
お金のために働いているうちは、クレジットカードすら持たない方が良いです。
クレジットカードを使うのは「ビジネスの時だけ」にするよう心がけてください。

 

なので、私はプライベート用のクレジットカードは財布に入れてません。
金庫に保管しています。

 

常に財布に入っていれば、すぐ何気ない瞬間にカードで払ってしまいます。これが借金が増える原因です。簡単にお金が出て行く仕組みを持つ事が軍資金を失う最大の要因です。金庫などに入れるようにすると、クレジットカードで何かを購入する行為が、ものすごく難しくなります。必要な時にわざわざ金庫がある場所まで行く必要が出てきます。

 

お金が出ていくのが、難しくなる仕組みを自分で作る必要があるのです。
そして、私の場合は、もし本当に必要な時にクレジットカードを使用したとしても、必ず「1回払い」にして、翌月には払うようにしています。
次の月には、全額払うと心に決めているからです。

 

それが出来なければ、カードは使わない方が良いです。
すぐに代金を払えないものを買う「資格」は私たちには無いのです。

 

自分の能力以上の事をしない事です。

借金とは、自分の能力以上の事をしようとする行為です。

 

なるべく全てを現金で支払う癖をつけてください。
現金で手渡しで払う癖をつけてみてください。

現金で払う事の意義は「手元からお金が離れていく瞬間を見る」という行為そのものでもあります。

 

そうすることで「本当に大切なもの以外にお金を使う馬鹿ばかしさ」を理解できるからです。

これからは、現金で手渡しを心がけてください。

 

ステップ3:進化

max87_kibayashi20140531_tp_v-1

ステップ2で、無駄な6つの要素を排除する事に成功したとします。
そのあとにやるべきは、進化です。

 

具体的にどう進化したら良いのかというと

・知識の進化
・想像力の進化
・行動力の進化

の3つだと考えています。

 

この3つを心臓に刻んでおいてください。

最も小さなリスクで、最も少ない時間内に、最も高い確率で、脱サラを成功させる為には
「進化」が重要です。

 

まず第1に

・知識の進化

です。

 

時間の部分でも書きましたが「お金を稼ぐ手法」は、世の中にごまんとあります。
それを、あなたの目でよく見て、冷静に考えてみてください。

Amazonで稼ぐなら、私が専門家なので、なかなか私の情報に勝てる人はいないと思いますが、特性はあると思うので、それぞれのエキスパートの情報に触れ続ける事をお勧めします。

 

そんな中で、今からでも身につけられる最強の知識を1つだけ挙げておくと、「セールス(販売)」の知識です。

Amazonで爆発的に稼ぐのは、実践すれば誰でも稼ぐ事ができますが、その爆発のプロセスを振り返ってみると、行き着く先は「私の営業の経験」はとても活きた経験だったな、という点なのです。

 

・中国パートナーとの連携
・効率的な外注さん探し
・右腕を獲得して自動化

 

この全てが「営業力」から来ていると実感しています。

そして「営業力=販売スキル」ですから、あなたも今からでも遅く無いので「営業力」は日頃から学んでおいてください。

必ず役に立ちます。

セールスの力、この知識さえ身につければ、鬼に金棒です。

 

では、続いて、

・想像力の進化

 

いわば「脱サラした後をイメージする力」も重要です。
人間はメリットがある方向にしか進めない生き物です。

その「メリット」が「脱サラ」に向けば、私たちは簡単に動けるのです。

不思議ですよね。

 

想像力には、2パターンあって、

・感覚的なイメージ
・理論的なイメージ

があります。

 

感覚的、というのは「イケそうな気がする」という感覚です。
この記事を読んでいる時点で、イケそうな気になって欲しいのですが、何となく出来そう、とか、直感で前に進めそう、とか、理屈ではない部分で、想像する力が「感覚的イメージ力」です。

 

理屈的、というのは「数字や裏付け、証拠からイメージする」という感覚です。

例えば、Amazonでオリジナル商品を販売する場合、
「1商品で会社員の月収を稼ぐ事ができる」というビジネスモデルですよね?

 

そのモデルを分解して、
「確かにこういう商品は、Amazonランキングから逆算すると、1日でこれくらい売れてそうだな」
「この商品は、きっと1ヶ月でこれくらい売れていて、原価がこれくらいだから、利益ではこれくだいだな」

という数字面をイメージできる事です。
この「2つの想像力」を進化させる事が大切なのです。

 

イメージができないと、アクセルが踏めません。
アクセルが踏めないと、利益爆発を起こせません。

だから、イメージ力を身につけてください。

 

では、最後に、

・行動力の進化

です。

 

これは、言わずもがなですよね。

行動力に関しては、これだけで1時間は語れるので、
別の記事で割説明します(笑)


この3つ目の「進化」まで遂げられたら、もう退職届の準備をしてください。

十分に、会社の看板を外しても戦える能力が手に入っています。

 

最後に意識して欲しい事

sepsts_tp_v-1

忘れないで欲しいのは、脱サラを成し遂げるその日まで
この3ステップを「継続」して振り返って欲しいという事です。

 

なので、ブックマークは必ずしておくことをお勧めします。

 

この脱サラまでの3ステップは、永久保存版で、
本当に、本当に大切です。

 

石山自身も、この3ステップを完璧にできていなくて、今頃になって、ほんのちょっと後悔しているからです。
あなたには、私よりもっと最速で、成功して欲しいので、おそらく自己啓発セミナーで数十万円払っても教えてくれないような話を、ボランティアで労力を使って10,000字以上に渡って執筆してきました。

 

なので、ちょっとしたお願いがあります。

 

石山からあなたへのお願い

今回の記事の感想を、どんな方法でも良いので送ってください。
登録したメールマガジンの返事として送ってくれても良いですし、サイト下部から登録したLINE@から送ってくれても良いです。

 

私にとってこのような「渾身の記事」を書いて得られる事はあなたの「意見」しかありません。
その声が、あなたに今後も提供をし続けられる唯一で最強のモチベーションとなります。

 

これからも、この記事やメルマガ、コンサルを通してAmazonの真髄について語っていきます。そして、そのほかにもマーケティングやコピーライティング、さらに健康面といった部分まで、私が知りえた情報を全て話していく計画をしています。

 

さらなるレベルアップをするために、私は常にあなたの1歩前にいるようにしています。
なので、是非、感想文を送ってください。
どんな体裁でも構いません。

 

ただし他の返事と埋もれるので、
タイトルは「脱サラ記事の感想」と明記してください。

 

OEMに本気で取り組みたい方は、メルマガでより詳しい内容、そして最新情報を配信していますので、是非ともご登録ください。

石山芳和公式メルマガの特典について

名前
メールアドレス

 

あわせて読みたい

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら