1. TOP
  2. OBC生の声
  3. 物販ゼロスタートの事業主が開始6ヶ月で月商700万円(1商品で)達成した「50代・Tさん」の話

物販ゼロスタートの事業主が開始6ヶ月で月商700万円(1商品で)達成した「50代・Tさん」の話

OBC生の声 第2ステージ(OEM商品×Amazon)
この記事は約 9 分で読めます。

石山です、

この記事では、毎度おなじみ「OBC生の声」をお届けします。

今回紹介するTさんは、2月に入会されて、9月度には月商700万円に到達した方です。

しかも、なんと「1商品で」です。

どうして、Tさんがこの成功を掴んだのか。
その秘密に迫っていきたいと思いますね。

6ヶ月で700万円に突破したTさんとは?

石山
今回のMVPはTさんにお願いしたいのですけれども、よろしいでしょうか、お願いします。Tさんは、いつスタートでしたっけ?
Tさん
今年の2月21日です
石山
てことは半年ですね(笑)
Tさん
ありがとうございます

6ヶ月間、無我夢中だった

皆さんお疲れ様です。作文してきましたので、
読み上げさせて頂きます、よろしくお願いします。

今年の2019年2月21日にOBCに参加して、
7か月が経ちました。

振り返ってみると、無我夢中で、
本当にあっという間の7か月でした。

まだ自分の中では、分からないことだったり、
不安なことが沢山あるのですけれども、

今回MVPに選出して頂いた石山さんから、
発表を依頼されましたので、私がOBCに入ってから、

どんなことをどういう風にやってきたかを
皆さんにお話させて頂きたいと思います。

1ヶ月目はとにかくリサーチ

OBCに入って最初の一カ月間は、
とにかく毎日リサーチしていました。

この時は本当に一日もかかすことなく、
毎日リサーチして、講師に約25件くらい
リサーチ商品を提出しました。

最初の一カ月間のリサーチで講師から、
とにかく先入観と全ての前提を取っ払ってリサーチしましょう、

と、アドバイスをもらっていましたので、
自分なりに愚直に前提無リサーチを心がけました。

今振り返ると、絶対に提出しないよな、
と思う商品が7割くらいありますけれども(笑)

先入観無くカテゴリーにとらわれずにリサーチを提出したことで、結果、NGで返ってきた商品が圧倒的に多かったですけれども、なぜNGなのかについて、講師からよく話を聞くことで、リサーチ能力は確実に向上したと思います。

2ヶ月目、見積もりの甘さから失敗の連続

二カ月目に入りまして、代行会社を通じて、工場からサンプルや見積もりを取る作業を開始しました。最初の商品のサンプルは結局一カ月経っても送られて来ない、というサンプル入手の失敗だったり、仕入れコストの見込み違いでの失敗などなど、小さな失敗もこの時期に本当に沢山経験しました。

3ヶ月目・参入障壁の高い商材探しの旅へ

そうこうしているうちに二カ月目も終わり、
三カ月目に入ります。

OKをもらっているけれども、
なぜか進められない商品があったり、

販売する商品がなかなか決まらない中で、
今までやってきた方法とは基本的に違うリサーチ方法を実行しよう、と考え方を新たに決めて動き出したのが三か月目です。

「通常のリサーチではあまりたどり着けない商材探し」
を意識して、差別化、参入障壁のことを念頭に
ひたすら動き続けて、巡り合ったのが今の商品です。

最初にこの商品をリサーチした時は、
ライバルセラーの売上が月間300万程で、
利益率が25%くらいでした。

リサーチを開始してすぐに、
これは今までリサーチしてきた商品とは何かが違うと、
自分自身も感じましたし、

講師陣からもライバルセラーが弱いなどの、
市場性の良さから参入を強く推薦してもらったことで
参入を決意し、一商品目として、
カタログ作りと仕入れの準備を始めます。

ちなみに、この時点で、OBC四か月目でした。

5ヶ月目販売スタート

アカウントの新規開設からスタートして、
付属品の手配などで、結局、準備から一カ月くらい経ってからの販売スタートとなりましたが、

販売の準備期間中にライバルの商品がとてもよく売れだしていて、当初、リサーチ段階に比べて約3倍くらいの売上規模となり、想定を大きく上回る結果となります。

しかし、売上規模が大きくなれば、当然仕入れ金額も大きくなります。

最初の商品は、自己資金で回すことを考えていたので、自分が考えていた一商品目の規模感のイメージよりも、

大分規模が大きくなっていることについて、正直、
最初は葛藤がありました。

でも、結果的に迷わずに参入出来た理由は
三つあったかなと思います。

一つ目、市場が大きくなり始めた商品で、
追い風を強く感じたこと。

二つ目、講師のみなさんが私が一商品目として参入すべき市場の価値のある市場だと強く推してくれたこと。

三番、根拠はないけれども、この市場ならやれそうだと直感で感じたこと。

競合と差別化したカタログ作りにこだわる

参入を決めてから、一番こだわってきたのは、
カタログ作りの部分です。

ライバルはもちろん、市場で参考になる情報を自分なりに沢山集め、より伝わりやすいと思う表現に変えることを心がけ、

また市場のレビューもよく読み込んで、お客様の繊細な疑問などを解消できるカタログ作りを目指しました。

7月12日に販売を開始し、販売当日から適正価格の調整と広告を
十分に活用した結果、販売数もSEOも順調に上昇していきました。

売上の実績は、販売月の7月が220万、8月が770万、9月が約700万円です。

現在嫌がらせを受けたりしていますが、これも貴重な経験で、今後自分が成長する為に必要なことだと前向きにとらえて、日々精進しています。

難しく考えすぎないことが大事

OBCで物販を7か月やってみて、今改めて思うことは、
一商品目の販売前は経験が無いことで、いろいろなことを難しく考えすぎてしまうことがあったと思います。

しかし、一旦始めてみると、意外とシンプルなことを難しく考えていたのかなと思うことが沢山ありますし、具体的に行動してみることで多くのことは答えを出せてきました。

経験が無くて不安が大きいと、やる前に正解が欲しくなりますし、僕自身、そういうところが確実にあります。

ただ、「状況はどんどん変わるし、決めるのも動くのも、結局全て自分」と最後は強く自分に言い聞かせ、やってみて判断しよう、致命的な失敗だけしないようにしよう、とこれからも心がけていこうと思っています。

人との繋がりでここまで来れた

練習だと思って始めた商品で、これだけの結果を出せたことは、僕だけの力ではありません。

もちろん自分自身もここまで努力してきたつもりですが、周りへの感謝も沢山あります。

商品探しや販売テクニックももちろん重要だと思いますが、人との繋がりでここまでこれたのは事実です。

私が七カ月間で、何を考えて、どんなことを意識して行動してきたかを簡単に纏めてお話させて頂きましたが、

もし、物販で商品を販売したことがなくて、不安が沢山あるという人がいたら、僕の経験してきたこの話で、少しでも勇気や気付きを与えられたら、とても嬉しく思います。

最後にOBCメンバーに感謝

最後になりますけれども、感謝の言葉をのべさせて下さい。
石山さん、MVP選出、本当にありがとうございます。

札幌でリサーチの頑張りを褒めてもらって、
今までの自分を振り返ると、やりきれていないことが沢山あって、反省のほうが多いかもしれないです。

物販未経験の僕が、OBCに入る決意をしたのは、石山さんのコンテンツを観て影響を受けたからですが、そんな僕が影響を受けた方からOBCで実績を出すことが出来、認めてもらえたことが、今本当に嬉しいです。

OBCに入って本当に良かったです、ありがとうございます。藺草さん(OBC運営)これからもっと沢山お話が出来るな、したいなと思っています。

さりげない藺草さんのツッコミが、僕にとって結構ツボだったりしています。これからもよろしくお願いします。さらにキレの良いツッコミ期待しています。

O講師(OBC講師)、本当にいつもありがとうございます。
最初の頃は、結構素直になんでも聞いていたと思いますけれども、

今では時々無茶言ったり、言われたことを聞かずに困らせているのは分かっていますけれども、O講師は僕にとって、数少ない安心できる相談相手で、僕を引っ張ってくれる大切な師匠です。
これからもどうぞよろしくお願いします。

そして、僕が朝活バディ募集の告知をした時に、
一番最初に声をかけてくれた、Mさん、カメラ越しに言っています。

始めて出会った札幌で、上海在住ということを聞いた時から、
面白そうな人だなと思っていましたが、実際にそうでしたね。

本当にいつも感謝しています。
これからも変わらず、よろしくお願いします。

そして、もう一人の大切な朝活バディ、Yさん。
厳しくて、いつも優しく、本当にありがとうございます。

Yさんの知識量や情報量には脱帽しています。
最初は何を言っているのか、本当に分からずに、
ついていくのに必死でした、これからもよろしくお願いします。

そして最後にOBCの皆さん、縁があって今このタイミングでここに一緒にいると思います。限られた時間の中で出来る限り有意義な時間の共有が出来たら最高だなと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。ご清聴ありがとうございました。

家族にも感謝

あ、言い忘れましたが、
プライベートなお話なのですけれども、
MVPを頂くことがきっかけにもなりましたけれども、

僕が嫁と一年くらいずっと不仲が続いていたのですけれども、
やっぱり今後より成長していくために、
精神的にストレスが少ないほうが良いと思って、
三日ぐらい前に嫁に土下座しました。

一年間、本当に申し訳なかったと。
自分勝手に好きなことをしてきて、もう一回チャンスをくれと、
頭を下げました。

うちの嫁がどう思っているか分からないですけれども、
僕がしっかりそれをやったことで、今は自分は満足しています、
精神的に非常に楽になりました。

 

最後に石山より

Tさんは、僕の中でOBCで上手くいく人の共通点の一つで、
最初にめっちゃリサーチするという、
今だと、Aさんとかめちゃめちゃしていますけれども、

そういう人達って、めちゃめちゃいろいろなの見ているから、
そこで選ぶ一商品目って精度が高いというか、
Sさんもそんな感じ。

最初、一か月二か月で、良い商品がいっぱいあるのだけれども、
その中で選ぶから、他の人よりも10倍くらいスピード感がある、

みたいなところがあるので、一回そこから休眠期間というか、
ありましたよね?あれなんでしたっけ?ある程度リサーチをやって、その後、リサーチした商品を形にするフェーズに入りましたよね。

そこでたぶん、ある程度その中でOK出た商品も複数ある中で、
これに行くと決めたと思うので、その場数というか、
まだ半年ですけれども、かなりつめているので、次、また商品を進めていると思うので、月商1000万くらいは年内にいって欲しいなと思います。

ありがとうございました。

 

あわせて読みたい

1、OBC生の主な実績ダイジェストはこちら



2、20代男性Oさんが、半年で月商500万円突破した話


3、50代事業主が月商2000万円を突破した話


4、旦那さんの給料を越える2人子育て中のママの話


5、地方在住で脱サラ後4ヶ月で月商400万円を超えたNさん

カテゴリーから探す

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら