1. TOP
  2. マインドセット・時間管理術
  3. 【深い話】会社員が副業から本気で成功するための3ステップ(前編)

【深い話】会社員が副業から本気で成功するための3ステップ(前編)

こんにちは、Amazon販売最大化コンサルタントの石山です。

日頃、AmazonやYahooショッピングで
副業からビジネスを始めるOBC生から、
そして年商10億円以上の法人様までをクライアントとし、
『年商1億円達成するための方法を指導』してきました。

指導実績はこちら


ただ、この「ECディレクターズマガジン」

日頃読んでくださっている方の中には、
「会社員」や「公務員」「主婦」など、

『副業を頑張っているが、思ったより収入が得られていない方』

非常に多いだろうと思ってます。

『成功する人』と『失敗する人』には、
ある共通点があることが分かってきました。

5年間に渡り研究した結果、
その方々には共通してアドバイスしていた話があります。

今回は、会社員を始め「忙しい方」が
効率よく成功するための秘訣をお話しします。

あまりにも大事なので、出来ればブックマークして、
この記事に、いつでも、何回でも戻って来れるようにしておいてください。

オリジナル商品をAmazonやYahooで販売する手法は、副業には賢明なビジネス

という点においては、もはや異論がないと思います。
「え、オリジナル商品って何?」という方は、
このサイトの他の記事でも解説しているので、必ず目を通しておいて欲しいです。

最高のビジネスモデルは、
このビジネスに限らず世の中にたくさん転がっています。

ただ、大体の人は気付きませんし、徹底的に実践出来ていません。
だから、他人よりも収入を得られないのです。

「他人よりも稼げるようになりたい」と思うなら
「他人と違うことをしなければならない」のです。

なので、もし年収を2倍、3倍に増やしたいのなら、
今までの「常識を疑う」ということを忘れずに行ってください。

そういう意味で、この記事に書いてあることを忠実に実行に移してください。

ステップ1:「目的」を再確認する(初心に帰る)

まず、最初のステップでは、あなたの人生で達成したい
「目的」を決めることです。

すでに起業しようとしている方は、
「初心」に戻ってください。

この「目的」は日々変化するものなので、3ヶ月に1回程度は見直してください。

ここで大切なのは、我慢しないで出すことです。

『本当にこのままでいいのか?』と問いかけると、
たくさん出て来ると思います。

今、ちょっと頭に連想して見てください。
例えば、

・「子供を3人は欲しい」「養育費に困らないくらい稼ぎたい」

・「年に最低でも1回は海外旅行に行きたい」

・「家族にもっと信頼されたい」

・「朝は、満員電車に乗りたくない」

・「美人で理解力がある奥さんに、毎日癒されたい」

・「プレッシャーまみれの中間管理職を辞めたい」

・「時間の余裕を少しでも欲しい」

・「会社員で人生終えるのは嫌だ」

などなど、欲望に100個はあげられるようにしてください。

 

この「目的意識」が、あなたの尻に火をつけます。
逆に、この「目的」がしっかりしてなければ、

「あ、明日で良いや」
「別にやらなくても大丈夫か」

と、結論を先延ばしにしてしまうからです。

 

なので、いつも初心に帰れるようにして欲しいのです。

『初心』に対する想いの強さ
絶対に達成する、という『執着心』を兼ね備えている人が、

本当に美味しい部分を手にすることができます。

ステップ2:「断捨離」(無駄を徹底的にカット)

「断捨離」で成功環境の整理を

さて、ステップ1で志を立てられたら、
次は実行に移してもらいます。

ビジネスで莫大な成功をするためには
『断捨離』が大事です。

無駄なものを全て排除しなければ、
成功はありません。

「Amazon未経験」の方が、成功スピードが早い不都合な事実


まず、不要なのは、今までの価値観です。
この実績を、OBCスタートから1年以内に出せているのは、
大体『Amazon物販初心者』なのです。

これには、びっくりしました。。。
他のコンサルを受けた経験がある人の方が、価値観がしっかりしてしまって、
変化が出来なくなっているのです。

『最大の敵は、変化をしない今までの自分』
だと思ってください。

ただ、これは人間の本能だから仕方ありません。
変化をしない方が快適なので、そこに居座ってしまうんですよね。

具体的には、

●色々な商品を売りたくなってしまう自分
●過去のノウハウにすがってしまう自分
●だらだらネットサーフィンをしてしまう自分
●外注さんを積極的に教育できない自分
●ほとんど銀行通帳を見ずに、今のお金の現状を把握しようとしない自分

と言った感じで、人は想像以上に変化を嫌います。
今までの安全地帯から抜け出せないからです。

Eマガに書いてあるAmazon攻略ノウハウだけでも、
結構なボリュームだと思いますが、それを得ようとするなら、
今までの『変化してない自分』を捨ててください。

普段から『お金』の管理と計画が出来ていない

普段から、お金の管理ができていない人も結構います。
もしギクッとしたら、
こんな感じでエクセル等に管理していると、

事業にかかる経費
家庭でかかる経費
●未来にどれくらい資金が貯まるか

という、
「最低いくらの所得があれば生活していけるか把握」出来ます。

特に、将来のことを考えることがとても重要です。
お金を通して、将来を考えるのです。

そうすると、
『貯金1億円欲しいなぁ』
と、漠然と考える必要は無いはずなんですよ。

特に個人の消費に関しては、

「安全で清潔に寝られる場所」
「安全に食べられる物」

それ以上のものは「人生のオマケ」です。

この思考を持つことさえできれば、
『個人貯金で1億円も必要ない』ことくらい分かるわけです。

そして、個人貯金を減らして、事業資金へと回すことが出来るのです。
そう考えると「無駄」な部分が見え始めます。

多くの人が、物販ビジネスで「億単位」を稼ぐことができないのは、
ここに問題があるから、数億円の現金を生み出せないのです。

無駄な行動が多すぎる

無駄な考えが多すぎる

・それがゆえに「本当の価値」が見えてない

のです。

この単純な話をどうしても理解できないがために、多くの人は永遠に、一生、死ぬまで、生活のために働き続けることになります。

「自分の進化のため」ではなく
「自分の生活のため」に働くことになるのです。

いずれにせよ、今回この記事に出会ったキッカケとして
「無駄」を探すチェックポイントを作りましたので、考えてみてください。

必要最低限の支出を低くすればするほど、収入を資産に増やしやすい事になります。

無駄撲滅のチェックポイント

(1)住居費
(2)交通費
(3)時間
(4)遊び費
(5)格好つけ費
(6)個人の借金

 

(1)住居費

jun_img_7579_tp_v-1-1

特に脱サラを目指す人ならば、
私個人的には「マンションを借りる」
もしくは「ホテルに泊まる」以上のことは、
基本的には不要だと考えています。

しかも、収入の20%未満で借りれる場所に住むべきです。
なので、手取りで年間500万円の収入しか無い方は
500×20%=100万円。

共益費込みで8万3000円は超えてはならないのです。

ましてや、一戸建てを買う必要は無いですし、
コンドミニアムやマンションをこれから買っちゃダメ。

買うのではなく、借りるのです。

「男としてはマイホームを購入して、一家の主人になる夢は捨てられません」
「しかも、不動産投資のように、家賃をドブに捨てるより投資したほうが良いのでは」

という気持ちがある場合は、ぜひ私の意見を無視して、購入してください。

 

それで幸せを感じるのであれば、ぜひ、それを行うことで幸せになって欲しいと願います。

しかし、私は「書類上、正式に俺のやつ」と証明されることで、男の幸せを感じる傾向はありませんので、基本的に住みたい場所に住みたい期間だけ住めるのであれば、それが「誰のものか」は、あまり深く考えないようにしてます。

で、もう一つ。

投資としての不動産にも、まだ疑問が残されたままです。
つまり「大家さん」になるのはどうなのか、という点。

日本の企業や公務員は、「大家さん業」だけは認めているところは多いです。

「不動産は手が掛からない」

「不動産は、いつか売りたくなった時に売れる」
という謳い文句があるので、特に中高年層には人気です。

何より、利率が年利で3〜4%くらいの案件なら、ゴロゴロしているので、素人でも簡単に手出しが出来るからです。

「利率が9%、地方のベッドタウンで、RCですから、需要が尽きませんから・・・」と、時には、ちょっと良さげな物件をセールスマンが持ってくるかもしれません。

でも、ちょっと冷静に考えると、その微々たる利率以上のリスクは見逃せません。

特にお金の面。

毎年発生する税金、保険、管理費、修理費、金利(融資で購入した場合)を上乗せした金額、インフレも同時に考える。

さらに他の資産の運用手段と比較した結果、
圧倒的に高い確率で「比較的高い利益」と「流動性」をもたらせるのかというと「割に合わない!」となりませんかね。

したがって、早く会社員を辞めて、
莫大に成功を収めたいのなら、
この「住居費用」をできる限り下げることに集中すれば、
貯金は必ず生まれるのです。

私自身、今でこそ家賃は高いところに住んでますが、
最初は『5万円以下』『狭いワンルーム』に住んでいて、
そこに在庫を入れることで、かなりコストを削っていたわけです。

豪邸に住むことで感じる満足感は、かなり一瞬で終わります。

そんな一瞬の自己満足のために、人生をかけて仕事をする必要は無いと、私はいつも思うんです。

「ただ、石山さん。その話はよく分かるのですが、私はまだ独身です。女性を連れ込みたいのです」

「家族が満足して住めるくらいの大きな部屋でなければ・・・」

と思う人もいるかもしれません。

でもよく考えてください。

そもそも「住んでいる場所」を使って、
家族や人を惹きつけるのは、
「男」としてのスキルを下げると思います。

さらに、残酷なことを言ってしまうかもしれませんが、
家族も、子供も『住居には圧倒的な魅力は感じません』

逆に、魅力を感じているようでしたら、すでに家族に愛情が尽きている証拠です。

恋人関係でも、それは同じです。

(2)無駄な交通費

pp_kurumahead_tp_v-1

2つ目の交通費ですが、できるだけ車を「所有」しないようにしてください。

車がどうしても好きな人は仕方ないですが、別にそんなにこだわってないという場合は、「自転車」を愛用してください。

そう。自転車です。

私自身、車を持っているので
その利便性は否定できないことは承知してます。

しかし、これは私が「億」の売上を毎年作り続けているご褒美だと思って所有しているのであり、昔から持っていたわけではありません。

それまでは、常に約2万円程度の自転車に乗っていました。

億単位を稼ぎながら、自転車です(笑)

車を所有することで、発生する代償は、
あなたが想像する以上に大きいです。

ガソリン、保険、修理、駐車場、税金、車検、
事故リスク、高速費用・・・・

電車に乗ってる人も、数駅くらいの移動なら自転車に切り替えてみてください。早起きする必要も出てきますが、健康にも良い影響をもたらしてくれると思います。

自転車をあなどるなかれ。

では、第1話の最後。
もしかしたら、この記事で一番大切かもしれません。

(3)時間<一番大事>

時間に関しては、本当に、本当に、究極なまでに大切です。

いくらお金を持ったとしても「永遠の命」は手に入りません。

そして、もしあなたが会社員ならば、その大切な時間を「誰かの指示で労働する」という行動に費やしているのです。

それぞれの価値観にもよりますが、
副業で突き抜けて、会社に頼らないだけの収入を
効率良く得るためには、時間を投資して
ビジネスをしなければなりません。

・・・と、そろそろ長くなってきたので、時間については、やはり続きの記事でお伝えしたいと思います。

是非、注目をしてみてくださいね。

まとめ(30秒で読みたい方はこちら)

・脱サラをするために必要なものは「3ステップ」だということ
・まずはじめに重要なのは「目的」「欲望」を整理して、志を立てることが大切だということ
・目的が無い脱サラは、失敗する
・目的を肚に落としたら、それを妨げるものを「排除」すること
・主に排除するものは「住居費」「交通費」「時間」「遊び費」「格好付け費」「個人の借金」の6種類だということ
・交通費までは話したので、次回は「排除すべき時間」から話すということ
・最後の3ステップまで行動できるように、関連ページもブックマークしておくこと

 

続きはこちら

後編は、こちらからお送りします。前編を読んで、少し休んだらお読みください。少し耳の痛い話になるかもしれませんが、誰も言わない事実なので悪しからず。

1、OBC生の主な実績ダイジェストはこちら

2、20代男性Oさんが、半年で月商500万円突破した話

3、50代事業主が月商2000万円を突破した話

4、旦那さんの給料を越える2人子育て中のママの話

5、60代から成功したSさん

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら