1. TOP
  2. ここだけは注意!代行業者・中国パートナーの違いと選び方のポイント

ここだけは注意!代行業者・中国パートナーの違いと選び方のポイント

こんにちは、中国輸入ビジネス(OEM)の専門家、石山です。

以前に中国輸入ビジネスのパートナーについての記事を書きました。

 

中国での商品の仕入れや検品などに際しては、中国パートナーを使う方法と、代行業者を使う方法とがあります。

「どっちが良いの?」
「何が違うの?」

これからやろうとしている人はもちろん、初めて間もない方はよくそんなことを話されます。
今回は代行業者と中国パートナーの違いや、メリット・デメリットなどについてまとめていきます。

中国輸入の代行業者について

どうやって探せば良いのか?

まずは代行業者の探し方ですが、これは例えばGoogleなどの検索エンジンで「タオバオ 代行」などのキーワードで検索を行えば、比較的簡単に、しかもかなり多くの代行業者を見つけることができますし、しかもすぐにでも申し込むことができます。

 

代行業者のメリット

・ほとんどは経営しているのが日本人のため、取引やお金のやり取りなどに安心感がある。

・すでに書いた通りネット検索などで楽に見つけることができるため、見つけるまでの時間はどちらかといえば短い。

 

代行業者のデメリット

・先ほど書いた通り日本人が経営しているので安心感はあるが、中国パートナーに比べて費用が高くなる可能性が高い。

・代行業者側でプランやルールなどの取り決めがあり、それ以外の作業やサービスをお願いすることが難しい。(融通が利かない)

・商品リサーチ、写真撮影、画像の加工など、工程によっては対応できない業者も存在する。

 

中国パートナーについて

どうやって探せば良いのか?

「ALA!中国」「トレードチャイナ」など、中国パートナーとのマッチングのための掲示板があり、それを使って募集するのが一般的です。そこでの応募を受けて、その後はSkypeなどでの面接・面談が必要になってきます。なので、代行業者のようにすぐに申し込んだり、取引を開始するというのは難しいかもしれません。

ALA!中国
ALA!中国

 

トレードチャイナ
トレードチャイナ

 

中国パートナーのメリット

・送料や手数料など、代行業者に比べて費用を安くすることができる。

・あなたの教育次第で、代行業者にお願いできる範囲以上の仕事を任せられる。

・商品リサーチ、写真撮影、画像の加工など、人件費を抑えてお願いすることができる。

・中国パートナーが、中国の工場や市場が多い地域(深セン(シンセン)、広州(コウシュウ)、義烏(イーウー)など)に住んでいれば、直接市場や工場に行ってもらうことが可能。

 

中国パートナーのデメリット

・代行業者の安心感とは対極的に、多くの日本人が抱くであろう中国に対する「イメージの悪さ」「不安」(お金の持ち逃げや、業務放棄など)がついてまわる。

・「作業を教える」ための時間がかかってしまう。

ただ中国パートナーのデメリットについては、冒頭にもご紹介したこちらの記事で解消しています。

 

あくまでもオススメは中国パートナー

ちなみに私は今までに代行業者を使ったことはありません。

もちろんそれぞれにメリットとデメリットはありますが、私はクライアントさんにも中国パートナーを勧めています。実際代行業者を使っていたのに中国パートナーに切り替えたことで、そこからビジネスが好転したというケースは何度も見ていますので、結果としても実証済みなんですよね。

 

中国パートナーはずっと同じ人というわけではなく、私自身は今までに4回変わっています。ですが回を追う毎にクオリティはどんどん上がっていき、今現在の中国パートナーにいたってはお手伝いというレベルには留まらず、お互いのビジネスをサポートし合うような間柄です。

 

非常に優秀で人間性も優れており、感謝をしてもしきれないほどのパフォーマンスを発揮してくれていて、気づけば3年以上の付き合いになっています。

こういう関係性というのは、恐らく代行業者ではなかなか難しいのではないかと。

 

中国輸入代行業者の選び方のポイント

お伝えした通り私は代行業者を使ったことはありませんが、代行業者の人脈は数多く持っています。ですが実際に使ったことはありませんし、特定の代行業者をご紹介すると、各方面にご迷惑をかけてしまう可能性がありますので、1つだけ挙げるようなことは控えます。

ですが選び方のポイントというか、注意点について4つお伝えしたいと思います。

 

「コンサル生だけの特別価格」はウソ

まずは、「何かの塾などとコラボしたり、強制的に入らされる代行業者は悪徳」ということです。
これももちろん全てがそうだとは限りませんが、少なくとも私が聞いた限りでは八~九割当てはまるようです。

 

「コンサル生だけの特別価格」
「塾生だけの特別サービス」
などと謳っているものは、大抵がNGだと思った方が良いです。

 

ネットの情報だけで代行業者を探すのは難しいかもしれませんので、どうしてもということであれば、実際に使っている人や、信頼できる人から聞いてみるのが良いかもしれませんね。

私としてはそれ以前の話として、中国パートナーをオススメしていますが。

 

対応は早いか?

これは中国パートナーの時にも書かせて頂いたんですが、対応の速さは重要な要因になります。

メリットに「ほとんどが日本人が運営しているので安心」と書きましたが、実際にそうなのかどうかは使ってみないとわかりません。これは申し込みの前の段階などで判断することは難しいと思いますが、実際に使ってみてからのレスポンスはチェックするようにしてください。

 

主なポイントとしては
・メールが24時間以内に返ってくるか
・電話での対応はしているか
などですね。

 

意外にもそれをちゃんとできていない代行業者は多いようです。特に季節商品の場合はレスポンスがカギを握るので、これが遅いことにはビジネスは回っていきません。

 

安さで勝負していないか?

デメリットでお伝えした通り、代行業者は中国パートナーに比べて、どちらかと言えば費用がかかる場合がほとんどです。
そのためなのか、妙に安い価格を提示している代行業者がいるんですが、こういう業者は要注意です。

 

もちろんできれば利益率を高めたいはずですので、代行業者を含め、費用を抑えたいという気持ちはよくわかります。ですがそれだけで決めてしまうと、結果的に痛い目を見る可能性が高いです。

恐らくそういう業者はレスポンスが微妙な可能性が高いですし、検品やアフターフォローについても不安が残ります。

 

代行手数料の相場は5%〜10%と言われますが、仮に5%と10%の業者で比較していた場合、10%かかってもレスポンスやサービスが良いのであれば、迷わず10%の代行業者を選ぶようにしてください。

あとはそれ以下、それ以上の代行手数料を提示している代行業者は、そもそも選択の土俵に上げなくてもOKです。何故かと言うと5%よりもやすい代行手数料を提示している場合は、他の経費部分に法外な手数料を乗せている可能性が高いからですし、10%を超えているのであれば単純に高すぎます。

 

代行業者も結果的には複数使うわけではないので、手数料や対応の速さなどでふるいにかけたとしても、ある程度の数の代行業者は残ります。

 

料金体系はしっかりしているか?

サービスへの融通が利きにくい代行業者ではありますが、かといって全体的にアバウトなのはNGです。料金・サービスの体系が整っているかどうかというのも選ぶポイントにしてください。

料金体系が整っているかどうか、わかりやすいかどうかという観点でチェックすることが大切です。

 

以上が代行業者を選ぶ時の注意点です。

 

まとめ(30秒で読みたい方はこちら)

・代行業者と中国パートナーには、それぞれメリット・デメリットがある
・私はあくまでも中国パートナーをオススメする
・代行業者を選ぶ時には、以下4つに注意
①「コンサル生だけの特別価格」はウソ
②対応は早いか?
③安さで勝負していないか?
④料金体系はしっかりしているか?

 

OEMに本気で取り組みたい方は、メルマガでより詳しい内容、そして最新情報を配信していますので、是非ともご登録ください。

石山芳和公式メルマガの特典について

名前
メールアドレス

 

あわせて読みたい

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら