クライアントの声

【2019年】成功主婦EさんのMVP発表をほぼノーカットで掲載

石山 芳和

こんにちは、石山です。

このページでは、月間MVPを取得した

OBC生の発表を掲載していきます。


最近のOBCでは女性の割合が減ってきましたが、

その中でEさんは、男性顔負けの結果を出しました。

全くの初心者から1年でここまで来たのは、

かなり素晴らしいですし、初心者の方にとって参考になる

発表になると思いMVPに選抜させてもらいました。

<参考:成功主婦の法則>

あわせて読みたい
【毎月ベストセラー輩出中】ビジネスで旦那の給料を超える最強主婦の条件
【毎月ベストセラー輩出中】ビジネスで旦那の給料を超える最強主婦の条件

物販ド素人がOEMビジネスで利益45万弱を稼ぐまで

石山
それではEさん、MVPの発表をお願いします
Eさん
この度は月間MVPをいただきありがとうございます。それではOBCに加入して1年以上経過した今思うことを発表します

子供3人のフルタイムOLから脱サラへ

加入したのは2017年の後半で、1年以上経ちました。

加入した動機としては、子供が3人いて、

当時フルタイムで仕事をしていたので、時間の余裕の全くない毎日を

何とか変えたいと思ったのがきっかけです。

そのあと、2月に脱サラしまして、今は、専業でやっています。

まだ、兼業だった時代は、平日も子供を寝かせる時間までは、

何も時間がないので、11時から2時の3時間とか、

子供と一緒に寝てしまった後は、5時に起きて2時間だけやったり、

あとは、電車の中で、リサーチしたり、講師や石山さんに

報告したりとかをしていました。

加入4ヶ月で2商品出品するも、思ったような利益は出ず

10月に加入して最初の商品を出したのが

まだサラリーマン時代の2月か3月くらいで、

同時に2商品出したのですけれども、

1商品は事情で出品停止、もう一つはあまり中途半端な結果だったので

売り切りで終わりました。



その後、新しい商品をと思ったのですけれども、

なかなかリサーチも上手くいきませんでした。

ただ、今回3商品目の商品がこの前の1月末に出して、

2月の間にベストセラーになって、3月から利益が出始めた状態です

今は40万弱くらい、利益が出ております。

2商品失敗して結果が出なくても”なぜ”ここまで続けられたのか。その理由は?

石山
最初2商品も上手くいかなくて、そこをよくモチベーションをキープして、ちゃんと講師や私の言う事を前向きに解釈したと思いますが、どんな秘訣がありましたか?
さん
はい、今日まで考えた限り5つですね。結構メンタルな話ですが(笑)

確実に成果は出るという事を信じた


1つ目は「心からポジティブ」であることです。

というのは、物販初心者で初めてやって、2商品とも駄目だった、

というのが、最初は落ちたのですけれども、

グルコンに毎回出て、成功した人の声をリアルに聞いていたので、

成功出来ないということは、考えませんでした。


自分が上手くいくということが一番大事だなと思っていたので、

「上手くいかせる」と思って行動すれば、

そのためのアイディアが浮かぶなというのが、

これまでの経験で実感できたことです。


具体的にポジティブであるために、何をしたかというと、

よく言っているのですけれども、自分の好きな歌があって、

それをリサーチしながら聞いていました。


あとは、石山さんからのメルマガや、講師さんとのやり取りや、

心にささったメッセージだったりとか、

そういうのは全部携帯でスクリーンショットにして、

お気に入りにして保存していました。


例えば、実績を上げた方のAmazonの一日の売り上げ、

一カ月の売り上げが一千万とか、そういうのを見ると、

自分もああなりたいというふうに思えたので、

そういうのを落ちた時に見たりだとかしましたね(笑)

あとは、絶対いけますよ、そういう言葉はしょっちゅう見ていました。

あとは、他の方が言っていたのですけれども、

グルコンの動画を聞きながら仕事をすると、

ちょっとネガティブになったり、孤独になった時にも、

こんなに頑張っている人がいるなと思ってポジティブになれたので、

やっていました。

あとは、これは絶対言いたいと思ったのですけれども、

Sさん(OBC生)と昼活を一時期させて頂いていまして、

これは、自分が仕事をしながら脱サラするためにすごく役に立って、

身近にいつもお話をしている人が、先に脱サラをして、

ハッピーに仕事をしているのを見ると、

自分もそうなりたいなと感じられたので、

本当にSさんのおかげだなと思っています、ありがとうございました。

ゴールから逆算して計画を組む

あとは、スケジュールを組むということは、

皆さんやっていらっしゃることだと思うのですけれども、

カレンダーに自分がこの商品を販売した時期とか、

そこから逆算して、ここまでにサンプル発注、

ここまでにリサーチというのを逆算して、

自分が少しでも遅れたら「遅れている」というのを感じて、

焦ることが出来るようにしていました。

たとえ男性が多くても、グルコンには必ず出る

あとは、これも当たり前なのですけれども、

グルコンに必ず出るということを大事にしていました。

特に女性は数が少ないので「行きにくいな」と

思う人もいるかと思うのですけれども、

東京はWさんという人がいて、めっちゃセクハラなんですね(笑)


そこは躊躇せずに、どんとこいみたいな感じで、どんどん出ていって。


男性の中にもいろいろ話を聞いたり、

やはり成功している人は男性が多いので、

そういうオフラインの情報がものすごく役に立つことが

いっぱいあったので、それは皆さんにやって頂きたいなと思います。

成功イメージを高める


あとは、成功へのイメージを持つということは、

メンタリティなことばかりで申し訳ないのですけれども、

自分がやっている中ですごく心に響いた言葉があって、

とあるブランドプロデューサーの言葉なのですけれども、

「成功させるという結果に導くためには、

確信が持てている提案だということが結果に大きくかかわる」

という言葉があります。

それまでは、何となくビジネスをやっていたのですけれども、

自分が如何に成功させる気持ちと自信を持って、

そのために何をするべきなのかということを自分で考える。

自分で考えようとすると

「OBCがどういうことを教えてくれているのか」が、

すごくまとめて考えるようになるので、

「OBCの法則に則り成功させるために、この商品でいけるかどうか」

というのを自分で道筋を見通す、ということが腑に落ちました。

「自分でそこまで持っていくんだ」っていう気持ちになれたので、今でも「自分ごとに考える意識」を大事にしています。

徹底的な真似


あと5番目は「真似をする」ということなのですけれども、

今までは、初心者だったので、成功している人の真似を

ひたすらしてきました。


例えば、今回MVPを頂けたのも、

ずっと「獲る!獲る!」ってこの商品をやってから

言っていたからだと思うのですけれども、

これはHさんという方がおっしゃっていたことで、

MVPを獲るって最初言っていた、そして獲ったっていうのを

聞いたから、自分も獲るために言おうって感じで言ったりとか。


あとは、講師のOさんという方が、

返信をすごく早くするのをやっていると聞いて、

それを真似したりとか。


Wさんの真似をして、脱サラをしたとか。

初心者には絶対真似をするのは大事だなと思って、

この5つを大事にしてきました。


まだまだなのですけれども、

これから長く物販ビジネスを続けていくためには、

自分の自己管理をしながら、経験値を高めていきたいと思っています。

ありがとうございました。

【まとめ】小さな習慣の積み重ねが大きな結果に繋がる

普通の物販初心者の会社勤めの方にとっては、

ビジネスで成功するための習慣を取り入れるのは、

本当に抵抗があります。

Eさんの場合は、合気道などやってた経験があって、

そういう経験がビジネスでの成功に役に立ったんじゃないか

と思います。


今まで何かにひた向きで頑張ってきた経験がある方は、

その頑張ってきた時の自分を再現すれば良いのかもしれませんね。


というわけで、

今後もOBCでのベストプラクティスをシェアしていきますので

引き続き、よろしくお願いいたします。

あわせて読みたい
わずか1商品で月商1100万を達成したNさんが、難易度の高い商品特有の問題を乗り越えた3つの成功のカギ。
わずか1商品で月商1100万を達成したNさんが、難易度の高い商品特有の問題を乗り越えた3つの成功のカギ。
あわせて読みたい
副業で限られた時間ながらも、たった1商品で年商1億8,000万円を達成したHさんの話
副業で限られた時間ながらも、たった1商品で年商1億8,000万円を達成したHさんの話
あわせて読みたい
AmazonOEM×自社ブランディングでシナジーを生み出し成功を勝ち得たKさんのお話
AmazonOEM×自社ブランディングでシナジーを生み出し成功を勝ち得たKさんのお話
あわせて読みたい
相乗り転売していた商品にブランディングを施し、月商850万円を達成したFさんのお話
相乗り転売していた商品にブランディングを施し、月商850万円を達成したFさんのお話
あわせて読みたい
Kさんが月商1700万まで大きく飛躍した改善策とは
Kさんが月商1700万まで大きく飛躍した改善策とは
ABOUT ME
記事URLをコピーしました