1. TOP
  2. OBC生の声
  3. 企業努力で利益率23%→40%以上にしたYさんの成功事例

企業努力で利益率23%→40%以上にしたYさんの成功事例

OBC生の声
この記事は約 10 分で読めます。

石山です。

この記事では、毎度おなじみの「OBC生の声」をお届けします。

今回紹介するYさんは、販売している商品の利益率が23%だったのですが、
Yさん独自の企業努力によって利益率40%以上にすることができています。

利益率を上げようと思って安い工場から購入すると粗悪品にあたり、
レビューが荒れて売れなくなってしまうということがあると思いますが、
Yさんはレビューも荒れることなく、4.5〜5の間をキープすることができています。

なぜ、他のセラーよりもコストを抑えて利益率を上げているにも関わらず、
レビューも高いレートを維持できているのか、
Yさんに伺っていきたいと思います。

 

利益率40%以上を維持しているYさんとは?

石山
今月のMVPとして、Yさんお願いします。Yさんは入会されて何カ月目ですか?

Yさん
私は7カ月です。4月に入りましたので。

石山
早いですね。僕が結構覚えているのは、OBCに入る前から連絡をメールで貰っていて。当時は、海外ですよね?

Yさん
海外で働いていた時に、石山さんのEマガに出会って、個人的に連絡をさせてもらったら、ちゃんと返信もしてくれる方だったので。
石山
カンボジアにいながら、物販は出来るんでしょうか?みたいな。出来なくはないけどきついです、みたいな話をしていて。帰国してやるってなって、OBCに入会頂いたみたいな感じなので。やっぱり早かったですね、結果出るの。

 

当たって砕けろで徹底リサーチ

 

 

改めまして、Yと申します。よろしくお願いします。

先程も申し上げた通り2019年の4月に入会しました。
リサーチとか最初いろいろしていて、最初の商品
OK貰ったのが57日で、
それを発売し始めたのが
73日。

なので、入会してから2か月半で1商品目を出したという形になります。

入会当初はとにかくリサーチにせいをだしておりまして、
市場がどうとか、市場規模が大きいだ、小さいだ、何も分からないので、
とりあえず、当たって砕けろの精神で、1カ月に
100近くリサーチはしておりました。

正確には出したというか、その中で利益がちゃんと取れていて、
基準を満たしているものだけを講師の方に提出していたのですけれども。

信用づくりのためのコスト削減

ここからがお伝え出来るかなと考えたところであります。

大きく3つあるのですけれども、1つ目のところでも覚えて帰って頂ければと思っております。

その1つ目が、信用作りのためのコスト削減になります。

おそらく皆さまも物販をやっているということで、
コストを少しでも削減しようとコスト削減というところは、
とても意識しているところかなというふうに思っているのですけれども、
それは何のためにしているのかというところですよね。

利益を最大化するであったり、自分の収入を増やすであったり、
いろいろあると思うのですけれども、私はその前提として、
まずは信用作りのためかなというふうに考えています。

例えば、お客さんのレビューとかで、
こんなに良い物がこんなに安く買えたっていうレビューほど私は嬉しいものがなくて、
それを目指して日々行動しているという形です。

特に、私達みたいに何かブランドがあるわけではないので、そういう人達は

少しずつ信用というものをお客さんから得て積み重ねていくところが一番大事

なのかなと思って、そこを一番意識してやっております。

このコスト削減というものをテーマに、取り組んだ事例を二つ、
具体例で挙げさせて頂きます。

代行業社よりも個人パートナーを選んだ理由

まずは、個人パートナーの採用です。

これは、OBCに入る時に全て石山さんのEマガに書いてあるので、
個人パートナーの採用というところではEマガの通りに実行しただけです。

トレードチャイナで募集し15人程面談をして、
誠実であって日本の品質が分かる、かつ、金額の折り合いがつく人というところで、
最終的に
1人選ばせて頂いて、今も取引をしております。

当然、メリット・デメリットいろいろありますけれども、
一番大きいのがスピードが速いところだと私は認識しております。

私のパートナーがたまたまそうだったのですけれども、
平日でも夜遅くまでだったり、土日も稼働してくれるというところで、
例えば、商品が売れすぎて欠品しそうだという時に、
直ぐに工場と連絡を取ってくれたり、残業して検品してくれたりしてくれるところは、
非常に助かっているところです。

スピードが速いことで、時間というものは1つのコストだと思うので、
それを削減という意味では、コスト削減になるのかな、
というふうに考えております。

大手の代行業者ではできない大幅なコストカット

あと、大手の代行会社だと、指定した運送会社しか使えない、というところもあると思うのですけれども、
個人パートナーであれば、自分が日本で契約した会社を使ってくれるというところもあるので、
そこもメリットかなというふうに思っており、
れが二つ目の工夫点というところで、今から説明させて頂きます。

1商品目が結構体積が大きいものだったこともあり、
空輸だ
と関税や消費税も含めて大体一商品辺り450円くらい国際送料がかかってしまいます。
そうするとなかなか利益が取れません。

多くの方が使っているK社を私もこれまで使っていたのですが、
それでも利益率が30%ギリギリくらいになっていました。

そこで、石山さんにも相談させていただく中で、フォワーダーという船会社を知り、
自社で契約して使っています。

空輸だと1個あたり420円かかる国際送料が、
フォワーダーを使うことで1個あたり86円くらいに抑えることができました。
300円以上の差額分をお客さんに還元できるので、そこで信用が生まれて安くなる、
というところがあるのかなと思っています。

ここでお伝えしたいのは、フォワーダーが安くていいよ、ということではなく、
自分で行動を起こすことによって、それだけ原価も抑えられて、
それがお客さんの信用に繋がる、ということをお伝えしたいと思っています。

特に大手代行会社を使っていると、指定したところしか使えないというところがありますが、
個人だと自分の契約したところが使えるところが1つメリットかなと思いますし、
そこがお客さんの信頼を獲得できる1つの手段になるのかなと思っているので、
そこを1つ具体例として挙げさせて頂きました。

素直に素早く行動した7ヶ月

2つ目はマインドの話なのですけれども、
簡潔にどういうふうなマインドで今まで入会から
7カ月行動してきたかというと、
素直に素早く、というところだと振り返って思っております。

まずは、「素直に」という部分ですが、
石山さんの動画でも主観をいれないところが大事だと
よく説いていらっしゃるのですけれども、
本当にそれは大事だと思っています。

例えば、私の1商品目で言うと、私の仲の良いOBC生によると、
これはもう
Amazonが卸しているものだから無理かなと、
そこで自分のフィルターをかけていたからやらなかったという話もありました。

ですけれども、実際にそうであっても、アリババの検索にかけてみたり、
代行に投げてみて、ちょっと工場探してと言ってみたり、
そういうところが今成功というところに繋がっているのかと考えております。

次に2つ目の「素早く」についてです。

私は2年コースなのですが、講師がアドバイスをしてくれる2年は本当にあっという間だと思っています

その2年間でどれだけ数を積めるかということが、
OBCが終わった後で大きく左右するところなのかなと思っているので、
7か月でも、もうそんなに経ったのかと思いますし、
今だに日々焦りながら、仕事をやっている感じです。

例えば、いろいろな商材をやってみたり、いろいろなモールを使ってみたり、
いろいろな人や
OBC生と関わりながらやっていくと、
より内容の濃い
OBC生活が送れるのかなと私は思っています。

具体的に素早くでやっているのは、代行にはすぐに返信をすることです。
ちょっとでも遅いなと思ったら、すぐに電話や
Skypeで催促、一日に何回もしたりするときもあります。

ただ、ビジネスパートナーでもありますが、信用も大事だと思うので、
4月から実際に使い始めて、6月には中国に会いに行って挨拶をして、
「これからお願いします」みたいな形のことは、実際に行っていました。
そのおかげで、お客さんからクレームもないですし、
品質も良い状態が保てているのかなというところはあります。

自身のカラダとの向き合い方

最後は、健康の話をさせて頂こうと思います。

聞いたことがある人はいるかもしれないのですけれども、
私は「自立神経失調症」というものを患っております。
2015年くらいからです。

一言でいうと、病気ではないのに病気と感じてしまうもので、
例えば、お腹が痛いだとか、消化器系が気持ち悪いなと思っても、
実際に病院に行っても何も異常がなくて、
胃カメラを飲んでもいたってきれいですよと言われる形なんです。

ではなぜそうなるのかというと、当然ストレスなのです。

ストレスの中でもストレスって3つあって、
精神的なものと、環境的なものと、行動的なものというのがあります。
おそらく、精神的なものと環境は何となくイメージできると思うのですけれども、
行動的なものはわかりにくいと思いますので、簡単に説明します。

例えば、物販をやっていると、ずっと一日中パソコンに向かい合って、
ちょっと首が下がった姿勢でやっている方も多いかなと思うのですけれども、
そうすると当然血流が悪くなって、脳の中の脳下垂体というところに血流が滞ってしまい、
うまく全身に血流が流れずに自立神経が乱れていくということがあります。

私の場合は、この行動的ストレスが一番かなり強くて、
週に一回は整体に行って血流の滞りをなくしてもらわなければいけません。

ここで伝えたいことは、私は今こうなっている身なのですけれども、
そうなると当然パフォーマンスも落ちるしスピードも落ちるので、
皆さんもそうなる可能性はこの物販をやっている限りは大いにあるので、
注意していただきたいと思っております。

Yさんが伝えたいこと

最後にまとめると、一番お伝えしたいところが、コスト削減というところで、
コスト削減は全て信用作りのためだ、ということです。

マインド面としては、素直に素早く行動するということが大事、
かと思っております。

最後に、私の担当はO講師なのですが、
今日はいらっしゃらないのですけれども、いつも適格なアドバイスを頂けて、
すごく的を射すぎていて、ちょっとたまにグサッとくる時があるのですけれども、
それが今の私の成績に繋がっているところかなと思うので、本当に感謝しております。

あと、イグサさんも、融資の件でも精神的にも支えになって頂いているので、
これからもよろしくお願いしたいと思います。

石山さんとはOBC入る前からやり取りをさせてもらって、
メルマガ配信者ってこっちが投げても返信がこないものだと思っていたのですが、
一日後とかにすぐに返信してくれて、その時点で信用おける人だなと思って、
OBCに入らせていただきました。

そこでこういう素晴らしい仲間ともめぐりあえて、講師の方もそうですけれども、
本当にその点でこういう場を作ってくださっている事にすごく感謝しております。
ありがとうございます。

以上で私の発表を終わらせて頂きます。
ご清聴ありがとうございました。

 

最後に石山より

Yさんは相談をしてくれているので、よくわかっているのですが、
色々と細かいところまでやっています。

例えば、先程の信頼づくりのためにコスト削減するという話があったと思うのですが、
コスト削減した分をお客さんのために還元している部分もしっかりやっています。

ここでは細かいこと言えないですけど、お客さんにしっかりと還元しているから、
売れている件数に対してついたレビューの数の割合も高いですし、
レビューも100件近くあるのに最近まで5をキープできてました。

今は4.5に落ちちゃいましたけど、100件近くあって5をキープできていたのは
なかなか大変なことだと思います。

ありがとうございました。

あわせて読みたい

1、OBC生の声をダイジェストで紹介した「まとめ記事」


2、1商品1バリで月利60万円達成のSさん

3、20代男性Oさんが、半年で月商500万円突破した話

4、50代事業主が月商2000万円を突破した話

5、旦那さんの給料を越える2人子育て中のママの話

6、地方在住で脱サラ後4ヶ月で月商400万円を超えたNさん

カテゴリーから探す

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら