1. TOP
  2. OBC生の声
  3. 脱サラして4ヶ月で月商500万円超のNさんの証言

脱サラして4ヶ月で月商500万円超のNさんの証言

OBC生の声
この記事は約 12 分で読めます。

こんにちは、中国輸入ビジネスや、
OEM商品の開発、Amazon販売最大化のコンサルタント、石山です。

この記事では、今私が主催しているコンサルティングコミュニティ
OBC(オリジナルブランド構築倶楽部)のクライアントさんの証言を
掲載していきます。

今回は、地方在住のセラーNさんの事例です。
地方の方、なおかつサラリーマンの方でも
十分結果が出せる事がよく分かる事例かと思いますので、
ぜひあなたの役に立てたらと思います。

この記事で分かる事
環境を変える事の重要性
・物事を客観的に見ることの重要性
・Amazon出品カテゴリー変更で見えたこと
融資の重要性


地方在住からMVPを獲得したNさん

石山

今月のMVPとして、先月も地方在住のTさんでしたが、今月も同郷のNさんを選ばせてもらいました。Nさんよろしくお願いします。Nさん、OBCに入ったのはいつですか?

さん
去年の3月で、1年半くらい経ちます
石山
ですよね、本業でも忙しくて、大阪に一回来て、今回東京初ということで、初めてみた人多いと思うんですけど、実は、こっそりやっていたみたいな。結構普段、MVPとか普段毎回来る人が大体多かったなかで、今回初の、あまり来ない人が貰えているということなんで。たぶん、何か発表から学べることがあると思うので、ぜひ聞いて頂きたいと思います。じゃあ、お願いします。

Nさんが成果を出した4点の秘訣とは(本人談:全文)

この度はMVPに選んで頂き、ありがとうございます。
Nと申します。

このように皆様の前でお話させて頂ける機会を作って頂いたので、話したいことを絞ってきました、よろしくお願いします。

私は、去年の3月にOBCに入会しました。現在、4商品販売しています。
(編集注記:現在、月商500万円程度)

今回は私の経験4点についてシェアしたいと思います。

1つ目、自分の置かれている環境を変えた。

2つ目、客観的に物事を見ることの重要性。

3つ目、Amazon出品カテゴリー変更で見えたこと。

4つ目、融資について。

です。

環境を変えるために、時間の使い方を振り返った

1点目の自分の環境を変えたことですが、この中にサラリーマンの方が何名いるのか分かりませんが、お話します。

私は当初、OBCに全く時間を使っていなく、上手くいかなかったので、
自分がどのように時間を使っているのか分析しました。

朝から晩までサラリーマン、週の半分は仕事終わってからの遊び、
全くOBCに時間を費やすことが出来ていませんでした。

それは、当然ながら、結果なんて出るわけないんです。

OBCに入った当初の私は、行動していないので、
講師に質問することもなく日々が過ぎて行き、
スカイプ面談も15分くらいで、
チャットワークも月2~3回ぐらいのやり取りでした。

このままではまずいと思い、
何のために自分がOBCに入ったのか、
自分がこれから何をしなくてはいけないのか考えました。

行動したら必ず結果がついてくることは分かっていたので、
まず、行動できるように時間を作る事を考えました。

誘惑に使う時間と安定を捨てることを決めた

私が決断したことは、サラリーマンを辞めることと、
誘惑な遊びを断る事でした。

これまで同じ環境で変わらなかった人は、
絶対に環境を変えないと上手くいかないと思ったからです。

今の時代はサラリーマンに安定なんてあり得ないと思い、
自分の本当の安定は、自分自身で稼ぐことに気付きました

そこで私は経営者として
今後の人生を歩んでいくと決断しました。

年収がそこそこ高いと、切り捨てられない恐怖

それまで、なかなかサラリーマンを辞められなかった理由は、
自分の年代では年収がそこそこ良く、
役職のブランドが付いていたので、
それがかっこいいという勘違いもしていました。

課のトップでもあったので、かなり会長からは止められ、
給料をかなり上げてやるという誘惑もありました。

具体的に「月に10万上げてやる」と言われましたが、
私の気持ちは決まっていたので、ブレることはありませんでした。

『いくら稼いでから辞めたんですか』とか聞いてくる人が多いですが、
そういう人はいつになっても結果が出ない人だと私は思います。

安定を求めすぎると覚悟ができない

なぜなら、安定を求めすぎて覚悟が出来ていないからです。
捨てる勇気も必要です。

捨てることにより得られるものが必ずあります。

自分に逃げられない状況を作る事によって、
人は必ず行動します。

サラリーマンを辞めることはかなりの勇気と決断がありますが、
なんとかなります。

行動して上手くいかなければ、
またサラリーマンに戻れば良いだけの話です。

私と同じ状況の方がいるか分かりませんが、
サラリーマンを辞めろとは言いません。

時間を作れないなら職を変えるなり、
いろいろな選択があると思うので、自分の時間の使い方を見直すべきです。

何かを得たいなら、何かを捨てろ

人によって何が幸せなのか違うと思いますが、今の給料で満足しているのなら、それが正解だと思いますし、目標が月収100万なら、サラリーマンをやっていても叶わない夢だと思うので、自分の現実を変える為に何かを捨てることは、目標達成するためには当然必要な行動です。

売上を上げるためには、客観的に物事を見る

2点目は「客観的に物事を見る重要性について」です。

1月から講師が変わって、
本格的にオリジナル商品を販売したのは、4月くらいでした。

商品選定から商品開発までに学べたことは、
主観で考えるなということと、全てデータの通りにやることでした。

私は面談にて、自分がこうだからこれが良いんです、
と自分の考えを伝えると、こうこうこうだから、
それはNさん自身の見解であって、
世の中の人の意見は必ずしもそうではない。

客観的に物事を捉えましょう。
ビジネスにおいて主観は不要だとアドバイスしてくれました。

この時私は初めて、自分中心の考えになっていることに気付きました。
自分中心だった部分を受け入れてからは、自分の思いは捨て、
性別年齢さまざまな人からアンケートを取り、
商品開発していきました。

データ通りに進めていくと、失敗する確率がかなり減る
実感しています。

客観的に捉えることで、柔軟に物事を考えられるようになったので、
自分でも成長したと思います。

この思考はどの分野でも使えることですので、
これからも考え方の一つとして活かしていきたいと思っています。

販売後は、Amazonの仕組みと向き合う

3点目は「商品カテゴリーを変更して見えたこと」です。

最初に出品した商品カテゴリーは、
絶対に勝てないぐらい強いベストセラーのいるところでした。

同じ商品でも他のカテゴリーのセラーが何人かいて、
もしかしたらカテゴリー変更でベストセラーを取れる
可能性があるのかと思い、一番勝てそうなカテゴリーに変更しました。

数日後、カテゴリー変更の許可が下り、
5日間くらいベストセラーを取ることが出来、
そこの収穫はベストセラーの帯を取る事で成約率が大幅に上がった、
という事実でした。

そこに気付いたライバルセラー達は、私と同じ行動をしていきました。

よくライバルはライバルの分析をしているなと驚かされた出来事です。

カテゴリーの選び方で売れ行きはかなり左右されます。
物凄く重要なことだと気付くことが出来たので、参考になれればと思います。

融資の資料を、丸パクリすると情弱になる

4点目の融資ですが、
私の身近にAmazonセラーで融資を取っている人がいたので、
事前に全て資料を頂いて、自分の内容に書き換えて、
商工会議所に持って行きました。

すると、商工会議所の人にかなりの駄目だしをくらいました。
自分の甘い考えだと、振り返ったところからのスタートでした。

指摘され続けること4回、、、、資料を作り直して、
やっとの思いで合格をもらい、先週公庫の方と面接をしてきました。

今週の木曜日に公庫から連絡があり、
満額の500万円の融資が決定しました。

ここで学んだことは、資料を詳しく作る事によって、
数字の流れが明確に見えたことです。

資金繰り表や、収支計算書をちゃんと作ることで、
具体的に自分のやっているビジネスのお金の流れが見えました。

逆に駄目だしをくらって良かったと思います。
気付けないまま融資が通っても、自分の為にはならなかったからです。

サラリーマンは、事業が本気じゃないのがバレる

面接官とやり取りして感じたのは、
サラリーマンだとなかなか融資は通りづらいだろうなという印象です。

サラリーマンをしながら事業をやるということは、
ビジネスに対する意識も低いだろうし、本気ではないのかと受け取られても、
しょうがないのかなと感じたからです。

融資を考えている人に伝えたいことは、
人のをパクらないで、ちゃんと自分で考えて資料を作ってほしいと思います。

以上がこれまでの行動で得た経験です。

私の今の2大柱は、Amazonとヤフーショッピング、
ヤフーショッピングは9月に開店したばかりですが、
自分としてはなかなか反応が良いと思っているので、
これからも稼げるところに時間を費やしていきます。

沢山の気付きを与えてくれたOBCの講師陣、
情報をシェアしてくれるOBC生徒の皆さんに出会えたことに感謝します。

ありがとうございました。

石山
ありがとうございます、もう会社辞めたんですか?

 

さん
2か月前に辞めました。

 

石山
最初のイメージはめっちゃ忙しそうな、仕事が。

 

さん
そうですね、朝から晩まで肉体労働だったので、時間が費やせてなかった。

 

石山:ですよね、最初はメルカリかなんかやってた。

 

Nさん:そうです。

 

石山:メルカリでも収入があって、割と稼いでいて。

 

Nさん:そうです。

 

石山:なかなかAmazonやらなきゃいけないけど、舵を切れずに。講師が代わったタイミングが大きかった。

 

Nさん:ですね。

石山と担当講師から見たNさんとは・・・

担当講師

チャットやっている感じだと物腰柔らかそうな喋り口調なんですけど、
すごい厳しさとか、内心ものすごいメラメラ燃えているものがあって、いつも。

言った事はすぐに、じゃあ改善しますって次には変えてくるくらい、
スピードもすごくて、捨てる部分もすごい、

会社以外にも捨てている部分がありますよね、そういうところとかも、
時間作るためには切って専念してやるみたいな、
集中してやる部分がすごくて、当然出る結果だよなって感じています、僕は。

あとは、カタログ作る能力も結構高いと思います。

たぶん内面で燃えているものがすごいんで、
そこかなって気がします僕は。

僕はちょっと助言している程度なんですけど、
それに対してものすごい反応をしてくれるので、
それが結果に出ているかなと思います。こういう感じです。

石山
さっきも言っていましたけど、結構考えてカタログを作っている感じが伝わってくるので、そういう面がすごい武器だと思うんです。あとはちょっと、今日話、午前中で話していて、小手先の部分というところを、いろいろ引き出し増やして行けば、もっとうまくいくと思うので、グルコンに今後も来て頂いて、横の繋がりも結構大事、なんだかんだ仲良い人もいるので、横で、一緒に朝活やったり昼活やったり良い感じにモチベーション保っていたりしているので、今日懇親会も来られるということで、話をしてもらえると思います。ありがとうございました。

 

以上、今回はOBC生のNさんから発表をもらいました。
あなたのビジネスの参考になる項目が1つでもあると幸いです。

やはり、人の変化を見るのは非常に感慨深いです。
次の変化は、あなたの出番かもしれませんね。

出会いを楽しみにしております。

あわせて読みたい

1、OBC生の主な実績ダイジェストはこちら

2、20代男性Oさんが、半年で月商500万円突破した話

3、50代事業主が月商2000万円を突破した話

4、旦那さんの給料を越える2人子育て中のママの話

5、60代から成功したSさん

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら