1. TOP
  2. Amazonのその先へ(Yahoo!ショッピング)
  3. Yahoo!ショッピング講座1日目:Yahoo!ショッピングをやるべき理由

Yahoo!ショッピング講座1日目:Yahoo!ショッピングをやるべき理由

Amazonのその先へ(Yahoo!ショッピング)
この記事は約 5 分で読めます。

オリジナル商品(OEM)販売促進コンサルタントの石山です。

この記事では、Yahooショッピングで出品した方が良い理由と出品した方が良いタイミングをお伝えして行きます。

ちなみに、OBCではこっそりYahoo!コースも開講しており、下記のような実績が出ています。この講師はAmazonの売上よりも、Yahoo!の売上の方が大きくなっています。

上記のように、

初月売上・・・・・月商45万円
2ヶ月目売上・・月商300万円
3ヶ月目売上・・月商550万円
6ヶ月目売上・・月商755万円

と推移し、一度300万円まで売り上げを落として、現在はV時回復をする事ができております。

つまりこの半年間でYahoo!の酸いも甘いも知る事ができました。

もし、あなたが自社でオリジナル商品を作ろうと考えているけど、Amazon、Yahoo!、楽天、ネットショップ販路を攻略しても、なかなか結果が出てないなら、これからのYahoo!ショッピング講座が役立つと思いますので、ぜひ読んでもらえればと思います。

OEM商品販売を志すならYahoo!ショッピングで販売する理由

理由①:維持費・手数料が圧倒的に安い

早速、Yahoo!の魅力について語っていきますが、何と言ってもYahooショッピングは、初期費用、月額費用、売上ロイヤリティ、メール配信料が『0円』

さらにクレジットカード決済手数料やポイント付与などのインセンティブも、圧倒的に安いです。

これは、大きな魅力です。

<参考>

Amazonは、4980円〜でスタートできますが、

楽天は、一番低いプラン(がんばれ!プラン)でも、18万円を年間一括払いで取られるくらいの初期費用がかかります。ライトプランでも3ヶ月分を一括で12万円くらいかかります。

大手に出店するのって、大変です。。最初から取り組むには結構なコストがかかります。

 

理由②:検索エンジン直営だから集客力が凄い

孫正義さんがYahoo!をアメリカから買収してくれたおかげで、日本向けにカスタマイズされた強力な検索エンジンが存在しています。

例えば、私が手帳型のスマホケースを販売している場合、Yahoo!の検索エンジンから「手帳型 スマホケース」と探すと、広告が必ず出て来て、迅速にお客様に探してもらえるようになっています。

この集客力のおかげで、国内3番手の市場(1876万人)があります。

ECサービスの重複利用率(スマホ)

また、それだけでなく「ECチャネル」の重複利用率で、AmazonとYahoo!の親和性が非常に高いことが伺い知れます。

理由③:顧客リストが取れるので関連商品の提案も独自で可能

Amazonや楽天では、自社商品を購入してくれたお客さんの住所と名前しか把握することができません。チラシなどを配れる余力がある企業ならそれだけでも成立するかもしれませんが、一般的には難しいです。

しかし、Yahoo!ショッピングでは、私たちセラーがお客様のメールアドレスを自由に獲得することが出来ます。

メールアドレスを自由に出来るということは、つまり、、

●再度、購入を促す
●悪い評価を起こりづらくすることが出来る
●いい評価をもらいやすく出来る
●他の商材を提案したりすることも出来る
●Amazon、楽天、ネットショップなどにアクセス誘導することが出来る

といったことが出来るようになります。

『1度売って終わり』といった状況が無くなるので、コスパが凄く良いです。

また『ブランド』は、ファンになってもらってナンボの世界。

メルアドを獲得できれば、ファンになってもらえる確率が上がるに決まっています。

理由④:どのキーワードで売れてるのかが分かる(細かな分析機能)

これは、Amazonでは取得できない機能です。

『どんなキーワードで売れているのか』
『関連キーワードはどんなものがあるのか』
『オススメのキーワードは何なのか』

Yahoo!は、YDNなどの検索エンジン広告機能を大々的に持っている企業ですから、Yahooショッピングにもそれを適用してくれます。

Amazonでは「スポンサープロダクト(Amazon広告)」を使わなければ分からなかった分析機能を、Yahoo!では更に細かく分析することが出来ます。

理由⑤:アカウント停止リスクに備えるため

Amazonは、1つのアカウントが停止、あるいは閉鎖すると、販売活動が止まってしまい、売上もAmazon側から最大3ヶ月引き出し不可になってしまうリスクがあります。

主要なプラットフォームを使ってネットショップ業を営む私たちにとっては、宿命とも言えます。

しかし、今現在Amazonで多少の商売をしている方ならYahoo!に販路を伸ばしておけば、Amazonでトラブルが起きてもYahoo!の売上が止まらなければ、リスク回避することが出来る上に、在庫滞留リスクと資金ショートのリスクを減らすことが出来ます。

まとめ:低リスクで成功したい物販ビジネスマンにとって必須のモールである

OBCのYahoo!コースも、ただいま準備中ですが、今すでにモニターでチャレンジしてくださっているセラーさんも、順調に業績を伸ばしてくれています。

Amazonよりも売上が伸びているセラーさんもいます。
それでは、次回の記事もお楽しみに。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら