1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)【ラスト3枠】コロナ禍を無風で乗り切る「千里眼」を持つセミナー

(コラム)【ラスト3枠】コロナ禍を無風で乗り切る「千里眼」を持つセミナー

最新コラム
この記事は約 4 分で読めます。

ECIの正木です。

下記セミナーの残席が僅かです。

 

このビジネスに興味関心があって、

無事にこのメールが届いて開封出来た方は

このメルマガでしかほぼ募集してないので

かなりラッキーかと思います。

 

巷のコンサルタントは「引退もしくは停滞」している

セラーである確率が高いですが、

手前味噌ですが、私たち及び私たちのクライアントは

Amazon内部で存在感を高め、ビジネスを伸ばしてくれています。

 

しかも驚くべきスピードで。

 

=============
市場を見る「眼」が
コロナ禍の動乱を生き抜く力になる
=============

そのスピードを支えるのは、

Amazon楽天で大きな市場を見極める力だと信じてます。

 

前回は、石山によって

「ポジショニング、プレゼンスを高める」

手法論が挙がってましたね。(これもめちゃ重要)

・既存で売れている商品に勝てる差別化ポイントを作る

・上記の差別化をお客様に魅力的に映るように訴求する

・各ECモールの販売戦略を熟知し日々アップデートする

・各ECモール外部からアクセスを引っ張ってくる

・資金調達をして潤沢な現金を常に手元に置く

 

私は上記の「ポジショニング、プレゼンス」の話に加えて

「この市場に果たして自分の実力で入っていけるのか」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
の部分を的確に意思決定できるかが重要
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
だと思っております。

 

=============
市場を見る「眼」を養うには
1人の力だけでは限界がある
=============

この「自分の実力で入れるか」というポイントは、

ご自身の力だけでは、なかなか判断ができないものだったりしませんか?

 

・そもそも自分の実力はAmazon内部で通用してるのか?

・今入ろうとしてる市場が、実は無謀な挑戦なんじゃないか?

 

といった漠然とした不安というのは、

『Amazonのデータベースさえあれば分かるのに、、、』

『過去に誰かチャレンジしてどうなったのかな、、、』

という先人のデータが解決できることだってありますからね。

 

そこに私たちによる「集合知&客観視」という

至高の存在意義があるのではないでしょうか。

 

なんとなくこのビジネスでモヤモヤされているなら、

一度ご参加いただき少しでも前向きに

ビジネスを推進してもらえたらと思います。

 

それでは、弊社コンサルタントの柳生ともども

あなたにいずれお会いできることを楽しみにしております。

 

ECI 代表取締役
正木 祐輔 拝
(Twitter:https://twitter.com/iguana_pb

 

追伸

「地に足を付けて本気でAmazon楽天やるなら

これほどに良い環境はない」と

クライアントさんに言っていただいております。

本当有難いにも程があります。

 

◆OBC(Amazonを伸ばす)
https://iobc.jp/2days/

 

◆ROBC(楽天を伸ばす)
https://obc-store.jp/robcapply/

 

楽天の方は、私がメインで運営しておりますが、

OBC出身者が圧倒的に成果出してますね。

それもこれも、OBCのマインドセットのお陰かもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Eマガ編集部紹介 Eマガ編集部一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら