1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)一発屋とロングセラーとを分ける大きな壁(新動画)

(コラム)一発屋とロングセラーとを分ける大きな壁(新動画)

最新コラム
この記事は約 3 分で読めます。

ECIの正木です。

最近アップされたこの動画、

なんの告知も出してなかったので

全然観られてませんが、気付きましたか。

 

特に2:28辺りから観てみてください。
(全部で7分程度です)

この動画のオチは、

「結局、商品の総合力が大事だよね」

と片付けることもできるんですが、

そこに至る思考の方がとても大事だったりします。

 

じゃあ商品の総合力って何だろう、

と考えた時に、

「自社商品の状態を俯瞰」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

する事なんだろうと思います。

 

置かれてる状況と理想とのギャップ。

 

これを冷静かつ自然に察知し、対策出来てる人が、

ロングセラーへと突き抜けています。

 

例えば、施策1つ取ってもそうです。

あなたが今伸び悩んでる商材を持っているとして、

頑張って伸ばそうと、あれこれ試している時。

 

その時に考えなきゃいけないのが、

0、「そもそも商品に値段以外の購買動機がない」

という仮説から考えてみる。

 

これをクリアしたら、次は販売施策を疑う。

 

1、「サムネのクリック率を上げる」

2、「インプレッション(露出)を高めようとしてみる」

3、「カタログの成約率を高める」

 

どれが今一番利益を邪魔しているのか。

この4つからトータルで疑わなければなりません。

 

で、これからあなたがやろうとする施策が

上記4つの課題を根本解決できるか、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という視点も大切だったりします。

 

出来る限り、最小限の行動で最大の結果が出る

行動を選びたいところですよね?

 

闇雲に策を講じてても、時間が勿体ないだけです。

 

ちょっと抽象的な話になってしまいますが、

「手法/手段」が先走ってしまって

自分が今どこに向かって走っているのか

何の目的でその行動をしているのか

意外に視野が狭くなると、見失ってしまいがちです。

 

何が伝えたいかと言うと、

上記の動画に登場した「Iさん」の言葉には、

その背景にたくさんの思考がある事を伝えたかった感じです。

 

ただ流して見るだけではもったいないので、

思考する時間にしていただければ幸いです。

 

それでは、また次回のメルマガで!

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら