1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)参入するべきか否かを判断する能力

(コラム)参入するべきか否かを判断する能力

最新コラム
この記事は約 2 分で読めます。

新商品をリリースする際には

参入するべきか否かを判断する

能力が必要になります。

 

クライアント様には

判断する材料として

 

・想定される利益額

・想定される利益率

・初期コスト

 

をまずは出してもらい

それが許容できる数字かどうかの確認が

スタートラインになります。

 

それを踏まえて

 

・市場内で競合しそうなセラーのレベル感

・市場内でシェアを取るための切り口

・商品の横展開の可否

・中長期的なトレンド分析

・利益回収計画

 

などを深掘りする作業に

進んでいきます。

 

で、深掘りした結果

「イケる」という判断に至れば

その先に進めていくという流れになります。

 

ざっくりと大枠はこんな感じです。

 

ちなみにここで言ってる利益回収計画は

何ヶ月目に累計で黒字になって

発売後1年でどの程度の利益額を見込めるか

みたいな数字での事業計画です。

 

この数字での事業計画ですが

 

・現実的にいけそうなケース

・このくらいいければ理想的だなというケース

・最悪の事態を想定したケース

 

の3パターン作ることを推奨してます。

 

というのも最悪のケースで事業計画を組んでも

中長期的にみたらリスクが少ないことが

数字でわかりやすく見えたら

自信を持って参入できるからです。

 

商品選定の参考になれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Eマガ編集部紹介 Eマガ編集部一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら