1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)ネット上で書かれている話を鵜呑みにしすぎてませんか?

(コラム)ネット上で書かれている話を鵜呑みにしすぎてませんか?

最新コラム
この記事は約 4 分で読めます。

ネット上で書かれている話だったり

周りの知人たちが言っている話だったりを

我々は鵜呑みにしがちです。

 

例えば

 

「Qoo10は若い女性がメインターゲットだから

価格が安い商品じゃないと売れない」

 

とか良く聞きますよね。

 

確かにQoo10は若い女性が多いですし

価格が安い商品が売れがちではありますが

年々「メガ割」のインパクトは大きくなってきており

 

高利益率をキープしながら日商100万円を超える

なんてクライアント事例も出てきてますので

簡単にスルー出来ないモールになってるのが実態です。

(OBCではQoo10は教えてませんが…)

 

あとは

 

「SNSを使って集客するのは効率が悪いので

外部集客は広告を使わないと厳しい」

 

なんて話も良く聞きます。

 

確かにSNSでの集客は地道な作業が必要であり

ある程度の結果を出すまでに時間がかかるのは事実。

 

しかし弊社のクライアントには

広告費0円のインスタ集客により

Amazon以上の売上・利益を上げている方がいます。

(Amazonでも余裕でベストセラー取ってます)

 

それなりに手間はかかりますが

これだけのパフォーマンスが出るのであれば

リソースを割くのもありかと思います。

(商材によっては微妙ば場合もあるけど)

 

まあ何が言いたいかというと

今後長期的にEC物販で稼ぎ続けたいなら

向上心が高く常に色々な研究を続けている

信頼のできる仲間の数と質が

大きな差になるよということ。

 

正直自分ひとり(1社)の事例だけじゃ

今のEC戦国時代を生き抜くのは無理っすね。

 

もし仮にOBCをやってなくて

自分1人でコツコツやってたことを想像すると

リアルにサラリーマンに戻ってると思います。

 

ちなみにOBCではどちらかというと

攻めよりも守りの部分で

大きな恩恵を受けていると思ってます。

 

というのも毎日のように

トラブル発生事例とトラブル解決事例が

どんどんチャットワーク上に蓄積されます。

 

いざトラブルが発生した際には

チャットワークの検索機能を使い

直近の似たような事例が見つかったら

該当者に直接聞いて教えてもらいます。

 

皆さん器が広いクライアントが多いので

凄く丁寧に教えていただけます。

 

そんな質の高い仲間ができるOBCですが

来月から値上げすることが決まりました。

 

現状のクライアントの成功率と飛躍率を考えて

妥当な値段に改定されるという感じです。

(それでも安いと思ってもらえる自信はあります)

 

ですのでもしどこかのタイミングで

OBCへの参加を検討されている方は

この機会に詳しい案内を受けてみてください。

 

追伸

M&Aセミナーはいよいよ明日です。

 

最後にQ&Aもあるので

M&Aについてのぶっちゃけた質問あれば

そこでどんどんくださいね。

 

自身でも億単位のM&Aを

2回ほど経験してますので

買い手目線でのアドバイスを

それなりにできると思います。

 

日時:3月17日(木)14時~15時(終了予定)

開催場所:オンライン(zoom)

ZoomのURLはこちら

 

内容:

(第一部)14:00~
株式会社いつも. M&A事業部
「半年強で8件の譲受を実現したいつも.が語る、
M&Aの流れや業者との契約時に留意したい
基本ポイントを徹底解説」

(第二部)株式会社ECI/株式会社いつも.
「質疑応答と弊社経験の共有」

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Eマガ編集部紹介 Eマガ編集部一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら