1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)転売からOEMへ移行しても年商1億/粗利30%を超えられない人

(コラム)転売からOEMへ移行しても年商1億/粗利30%を超えられない人

最新コラム
この記事は約 4 分で読めます。

ECIの正木です。

 

前回の石山からのメールにもあったように、

私たちのコンサルティングサービスでは

多種多様なクライアントをサポートさせてもらってますが、

 

「転売からOEM(オリジナル商品×Amazon、楽天)」に移行するサポートを

依頼されるケースもそこそこ多いです。

 

<主な動機>

(ex.転売で成功したけど先がないから次のステップに行きたい)
(ex.他のコンサル受けて結果がイマイチだから助けて)

 

今回はそんな転売をプレイしている方々を見て

OEMにしっかり移行するために

何をすべきか、という部分について少し話します。

語り出すと沢山ありますが、

誌面の都合で今回はこの3つを取り上げます。

 

(1)儲かってない事業、思考を捨てきれない
(2)賞味期限短めの裏技探しを優先しがち
(3)社員や業務委託にOEM事業を丸ごと任せがち

 

<参考動画&記事>

 

(1)儲かってない事業、ノウハウを捨てきれない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

上の記事のHさんも後悔をしてましたね。

一番はこれなんじゃないかなと思います。

 

目先の生活費を考えるがあまり、

OEMのビジネスに切り替えられなかったとのこと。

 

これは本当にあるあるネタです。

 

私どもの見解としては、

せっかくOEMビジネスを始めるわけだから

今ご自身で行われている低利益体質のビジネスは

「その時点での融資を最大化させたら用済み」で

 

さっさと高利益/高売上の商材に置き換えていく方が

健全な経営基盤が作れると考えてます。

 

(2)賞味期限短めの裏技探しを優先しがち
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これもあるあるだな、と思ってます。

賞味期限短めの裏技探しばかりを優先しがち。

 

裏技についてはOBCでも水面下で語られるんですけど、

・市場選定
・商品の品質
・訴求力の高いカタログを作れるセンス
・顧客が購買に至るキーワードの深い理解

 

全てが身について、

目標に近い実績が作れるようになってからでないと

その裏技のリターンも大して大きくないですからね。

 

(3)社員や業務委託にOEM事業を丸ごと任せがち
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これも最近は頻発してますね。

結局、社長が楽をしすぎな事が問題なんですよね。

 

・転売は社長がやっててまだ手が離せない状態

・OEMまで手が回らないから即戦力で誰かにやってもらう

 

これを私たちのような創業期にやってしまうと、

1、お金を出すのは社長
(でも、現場を理解していない)

2、現場の社員がOEMビジネスの考え方を

社長に理解してもらえない

3、大胆な予算が降りない

 

という流れで

コミュニケーションが滞り、

他の生死をかけて取り組んでいるセラーに負けます。

 

それだけでなく、せっかく入れたメンバーに

愛想を尽かされてしまったり・・・。

 

以上、

今回は手短に3つをお伝えしました。

是非、あなたのご意見も聞けると嬉しいです。

 

追伸

下記Eマガにアップしている

「OBC生の声」は一部しか切り取ってませんが

 

 

その裏には、

今回挙げてきたような「儲からない病」

を克服しているんで、是非その息遣いも

味わいながら読むと別の発見があるかもしれません。

 

では、また精力的に記事や動画更新していきますので

引き続きよろしくお願いいたします。

 

正木

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

Eマガ編集部紹介 Eマガ編集部一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら