1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)催促力

(コラム)催促力

最新コラム
この記事は約 3 分で読めます。

プライムデーはどうでしたか?



結果は大きく3パターンに分かれたと思います。



1、セールに参加した

掲載位置・オファー(値段・個数など)によって

かなり大きな差はあるが

基本的にはエグイほど爆発的に売れた。

(2日間で億越えも数社あったみたいね)


2、セールには参加してないがSEO上位をキープ出来ている

通常の2倍~5倍くらいの売れ行き


3、セールには参加しておらずSEOはいまいち

通常と変わらない~2倍程度の売れ行き



まあ1については

Amazonの担当者が付いているとか

アカウントが優遇されてるなどの要因があるので

自分でコントロールできない部分がありますが

(OBCメンバーは私の紹介で担当者付きアカウント作れるので、必要あればご相談ください)



既存商品については

プライムデーみたいな大型セール前に

検索上位にもっていきたい感じですよね。



まあ次は年末のサイバーマンデーなので

そこに照準を合わせるというのは
,
1つのやり方としてありかなと思います。



と、前置きはこのくらいにして

今日の本題に入ります。



ビジネスをスピード感をもって進めるために

「上手に催促するスキル」は

非常に重要なスキルです。



催促する

  ↓

相手にプレッシャーをかけてしまう

  ↓

悪いイメージを与えてしまう



という理由で

催促をしていない人は多いわけですが

これは人生が数年間遅れてしまうのと同じなので

今すぐに考えを改めた方がいいです。



そもそも相手の立場を考えて

丁寧に催促すれば

悪いイメージなんて付かないですからね。



むしろ相手に「本気度」が伝わって

好印象になったりもしますよ。



我々のビジネスで言ったら

代行業者やその他業者とのコミュニケーションが

今日の話に当てはまると思うのですが



向こうにボールがある状態で

こちら側が何もアクションしないなら

よほど優先順位が高い相手でないと

放置されて連絡が遅くなるのは

普通にあるあるな話です。



特に付き合いが短く

相手にメリット(わかりやすいところではお金)を

まだ提供できていない場合は

優先順位が低くて当然です。



逆にそういう状況の時こそ

こちらの本気度や情熱を伝えるためにも

(上手に丁寧に)催促した方がいいです。



今日の話は一見簡単なことですが

出来ていない人の方が多いので

徹底するだけでスピード感が相当でますよ。



たまにいるじゃないですか

「なんかこいつ前のめり感すげーな」

みたいな人。



そんな感じの人は

今日の話が徹底できているので

スピード感があり成功率が高いです。

(短期間に失敗もたくさんするからね)



なんか松岡修造みたいな暑苦しい話でしたが

すごーく大事な話ですので

参考になれば幸いです。

弊社サービス一覧

【ロングセラーになる方法】〜The Long Seller〜

全く同じ環境(資金・時間)で

同じノウハウを実践しているのに

何百倍も差がつくのには「理由」があります。



下記の無料講座では、弊社の取締役イグサより

その「理由」を全てお伝えしています。

 
==================================================
 
【Yahoo!でトップ0.1%になる方法】

 
こちらから無料視聴できます。

 


・Amazon以外の柱がほしい方

・利益率の高い物販ビジネスをしたい

・現役トップセラーの生の声を聴きたい


方は必見です。
 
==================================================
 
【トップ0.1%セラー御愛用のAmazonハッキングツール】

石山が監修したオリジナル商品×Amazon販売を

加速させるためのシステムツールについては

こちらのウェブセミナーで詳しく説明しております。


Amazon販売でトップ0.1%のセラーになる方法

 
(随時機能改修しています)
 
==================================================
 
 
【YOU TUBEチャンネル】

中国輸入の動画を中心に配信しています。

 
 
==================================================
 
【Facebook】

「メルマガ読者です!」

とメッセージ頂ければ100%承認します。
 
https://www.facebook.com/too.young.to.cry.but.now  

Facebookで先行募集する企画などもあるので

友達リクエストください。
 

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

チャットワークアシスタント