1. TOP
  2. 最新コラム
  3. (コラム)Amazonを辞めたい人の気持ち

(コラム)Amazonを辞めたい人の気持ち

最新コラム
この記事は約 3 分で読めます。

私やOBC講師陣だって

ライバルセラーからの嫌がらせや

Amazonの理不尽な対応などにより

ダメージを受けることはあります。



1日10万円以上利益が出ている商品が

どう考えても理不尽な理由で

数日間出品停止になった経験もあるし



それ以外にも想定していないところで

ダメージを食らってプチ凹みするなんてことも

普通にあったりするわけです。



ここでどう考えるか。



人によっては



・プラットフォームに依存したビジネスはやっぱダメだな

・Amazonは顧客リスト取れないし資産価値は低いよね

・(嫌がらせを受けて)こんな不毛なイタチごっこはもうこりごり

・最終的にはみんなAmazonに搾取されるでしょ



なんて言って

Amazonを辞めちゃいます。



結構なパワーセラーも

どんどん辞めちゃいます。

(私にとっては嬉しい話ですが)



一方でこう考える人もいます。



・世界征服をしそうな勢いのAmazonを今更外せる?

・まあ色々な問題は今後も発生するだろうけど、なんだかんだで解決できない問題はないよね

・5年前と比べてAmazonのトップセラーが取れる利益はえげつないほど増えてるよね

・色々なビジネスがあるけど「時給」に関しては圧倒的にAmazonビジネスが高いよね

・自分+外注数名で年間利益1億円を達成できるビジネスなんて他にある?



どっちが正しいなんて話はするつもりはないです。



Amazon辞めて他のビジネスで

大きく活躍している人も知ってるし

その人にとってはそれが正解。



でも辞め方は大事かな。



辞めるなら前向きな理由で辞めるべき。

(Amazonよりも良いビジネス見つけましたとかね)



自分が上手くいかないのをAmazonのせいにして

逃げるようにAmazonから去っていくような人は

高確率で次やることも上手くいかないでしょうね。



個人的な見解としては

今この段階でAmazonビジネスを最前線でやれていることは

非常にラッキーだと思っています。



「どの仮想通貨がこれから上がるか?」



なんて話は私にはわかりませんが



今後もAmazonが世界の中心となり

より多くの職業を奪っていくことは

360度どの角度から見ても明らか。



まあこれは疑う余地がないでしょう。



ちなみにAmazonの本は出してますが

Amazonの回し者でもなんでもなく

あなたと同じくたまにAmazonにムカついたりもします(笑)



ですのであくまでフラットな立場で

意見をしていると思っていただければ幸いです。



なんか最近Amazon疲れして

撤退を考えている人が割と多く感じたので

今日はこんな話をしました。

(OBCメンバーにはまさかいないと思いますがw)



5年間このビジネス続けてて

目が出ない人なんて

ほぼいないからマジで。

弊社サービス一覧

【ロングセラーになる方法】〜The Long Seller〜

全く同じ環境(資金・時間)で

同じノウハウを実践しているのに

何百倍も差がつくのには「理由」があります。



下記の無料講座では、弊社の取締役イグサより

その「理由」を全てお伝えしています。

 
==================================================
 
【Yahoo!でトップ0.1%になる方法】

 
こちらから無料視聴できます。

 


・Amazon以外の柱がほしい方

・利益率の高い物販ビジネスをしたい

・現役トップセラーの生の声を聴きたい


方は必見です。
 
==================================================
 
【トップ0.1%セラー御愛用のAmazonハッキングツール】

石山が監修したオリジナル商品×Amazon販売を

加速させるためのシステムツールについては

こちらのウェブセミナーで詳しく説明しております。


Amazon販売でトップ0.1%のセラーになる方法

 
(随時機能改修しています)
 
==================================================
 
 
【YOU TUBEチャンネル】

中国輸入の動画を中心に配信しています。

 
 
==================================================
 
【Facebook】

「メルマガ読者です!」

とメッセージ頂ければ100%承認します。
 
https://www.facebook.com/too.young.to.cry.but.now  

Facebookで先行募集する企画などもあるので

友達リクエストください。
 

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

チャットワークアシスタント