この度は、YOBC無料体験メルマガに登録いただきありがとうございます。

水野です、
まずはお使いのメールアドレスにメルマガがしっかり届いているか
ご確認ください。
届いてないようでしたら、迷惑メールを確認いただくか、
別のメールアドレスでもう一度こちらから登録しなおしてください。

レポート①「トップ0.1%セラーにとってのYahoo!ショッピングとは?」

さて。
あなたはご存知でしたか。

コロナウイルスが蔓延し、日本経済が低迷していく中、
「ネットEC」は今の所結構バブルになっているようです。

名目GDP(国民の消費金額)が減り、全国的に自粛モードなのに
びっくりな結果ですよね。

このメルマガでは、そんな消費者のニーズを満たす
「Yahoo!トップセラー(信頼のおけるセラー)」を目指していきます。

読むだけで「Yahoo!ショッピング×OEM商品販売」
成果を出してくれている方もいるので、
あなたがYahoo!ショッピングに本気で取り組むならば、
期待に添える確率は高いかと思います。

というわけで、
早速ですが、登録いただいた御礼として動画をプレゼントいたします。

この動画では、すでにOEM商品を2.3商品を
Yahoo!ショッピングに出品することで
平均月商150〜1000万円以上を稼ぎ出している話をさせていただいています。

御礼動画:Eマガ式ノウハウで成果を出した方の声

よくある成功動画は、綺麗事ばかりが語られている事が多いですが、
成功までは紆余曲折があるものです。

以下の動画から生々しい声を聞いてもらえればと思います。


ケース①「こんなに仕入れたのに、在庫切れちゃいました」

動画のハイライト
◯副業でYOBCに入り、売上を1000万円(5倍くらい)までアップさせている
AmazonとYahoo!両方とも相乗効果で上がっている
(※売上は、Yahoo!とAmazonを合算で)

◯YOBCに入会する前は、Amazonであまり売れなくなっていた
◯YOBCに入った理由は、既存商品が少しでも売れれば良いと思ってた
◯副業にも関わらず、ここまで売上が伸びると思ってなかったそうです
◯動画でも「YOBCの教材で立ち上げ出来た」と言ってくれています。
◯正直、私はあまりコンサルをした記憶がないのですが(笑)
他の人をコンサルしている時などに、そのフレーズを自分なりに突き詰めてもらえたようです。

他の方の実績者動画をご覧になる方は、こちらから

↓(次のページに飛びます)

ケース② 「Yahoo!は今ですよ、今」平林さん

ケース③ 「初めてノウハウを ”ちゃんと学んだ” 気がします」鴨志田さん

 

【NEW】2020年にリニューアルしたYOBC新ウェビナーの視聴こちら

→リニューアルしたYOBCウェビナーはこちらからどうぞ

 

御礼動画:水野×石山対談動画(第1話)

続いての動画は、
石山さんと2018年くらいに撮影した動画です。

続けてもう1本の動画をご覧になる場合はこちら

→レポート②『Yahoo!ショッピングの販売促進イメージ』

【NEW】2020年にリニューアルしたYOBC新ウェビナーの視聴こちら

→リニューアルしたYOBCウェビナーはこちらからどうぞ

 

※Eマガ式Yahoo!ノウハウとは?

私が実際に成果を出し、生徒さんにも成果を出させてきた

基本的、本質的なノウハウについては、Eマガに掲載しています。

現役で教えながら記事を更新しているので、割と鮮度は高いはずです。

Eマガ3rdステージの記事を参考にしてみてください。

 


Amazon、楽天のリスクヘッジとして
Yahoo!ショッピングは、是が非でも抑えたいECモール


今回、石山さんにインタビューをしたり、実践者にインタビューしましたが、

あなたは何を感じたでしょうか。

私自身も撮影した後、改めてYahoo!も重要だな、と思いました。

 

こういうトラブルの時こそ、
Yahoo!でも商売をすることで多少のリスクヘッジにはなるんですよね。

なぜか。

今一度、理由を書き出してみます。


理由①
『売上が上がってるのに、お金が全く貯まらない』を解消出来る


特に重要なのは、時間が出来る事ですね。

Amazonの2分の1くらいは売れるYahoo!ですから、

せっかく仕入れた在庫も回転率が上がり、現金回収が早い。

特にYahoo!はAmazonよりも、振込サイクルが早いです。
(※Amazon:最短14日、Yahoo!ショッピング:最短5日)

出店手数料が安いのに、振込サイクルも早いので、

キャッシュフローに怯える事なくチャレンジするには、

最適なプラットフォームかなと思います。


理由②
『とりあえず出すだけ』の出品者が多いので、他モールより勝ちやすい


これも、動画の冒頭で話しましたが、

「とりあえず出している」と言った手抜きセラーが

あまりにも多いです。

Amazonで既に販売している商品のページを

そのままコピペでYahoo!に出品してるようなセラーが多いので、

サムネイルや商品ページをちゃんとこだわって、広告を管理すれば、

自ずと成果につながるはずなのです。

ですが、Yahoo!ショッピングを過小評価してるからか、

面倒に思うからか、そもそも販売最大化を狙っていないセラーが多いのが現状です。


理由③
自動化しやすい


「え、Yahoo!も物流面とか簡単に出来るの?」と思うかもしれませんが、

意外に自動化しやすいのが特徴です。

まあ、中には自社発送をしている人も多いですが、

シッピーノで連携をして、

AmazonのFBAマルチチャネルを使ったり(小型軽量プログラム商品は使えませんが)

楽天ロジを使ったり、意外に探せば全然使えます。

というわけなので、

物流面に関しても、色々なツールがリリースされていますし、

他のモールとの連携もすごく取りやすい状況です。

やらないのが勿体無いくらいですね。


理由④
悪質なセラーが少ない


Amazonは価格戦略も重要な戦略の一つですが、

Yahoo!は価格だけで売れるようなモールではありません。

ですので、価格をガクっと下げたり、

悪質はレビューを付けるようなセラーがいません。

さらに出店審査が厳しいので、

中国人などのセラーも入ることが少ないと言えますね。

まともじゃない人が来ないからこそ、チャンスです。


理由⑤
Yahoo!の多彩なプロモーション機能で、毎月ボーナス報酬が発生
(下の写メは、Yahooショッピングのプロモーションを利用してボーナス報酬を受けている)


 

Yahoo!は「5の付く日」「ゾロ目の日」など、

色々なプロモーション施策を行なってくれます。

私たちも『仕込み』を行いますが、ちゃんと販売戦略を練れば、

納得のいく売上の波を作ることが可能です。

結局、実際に安定して稼げるのか?

ケース② 「Yahoo!は今ですよ、今」平林さん

ケース①の飯島さんは、現役で私のコンサルを受けているのですが、

ケース②の動画に登場した平林さんについては、2018年にYOBCを卒業してから

2年経過した今でもYahoo!は増収増益となっているようです。

ですので、私たちが提唱しているノウハウを実践し、PDCAを回してもらえれば

必ずロングセラーであり続ける事が出来ると考えています。


YOBCだけじゃなく、OBC全体としてもそうですが

「安定的に長期間、稼ぐ事が大事」だと思っております。

一過性に稼ぐだけでは、単に不安が押し寄せるだけですからね。

話はそれましたが、

『売れるの?』という質問ですが、当然AmazonもYahoo!も、両方売れます

ただ私の場合は、AmazonとYahoo!で同じくらい売れています

たまにYahoo!ショッピングの売上が、Amazonを上回る時もあるくらいです。

売れない人は、売り方や商材を試行錯誤していないだけだと考えています。

ただ、Yahoo!ショッピングは、

Amazonよりも『お客さんのことを真剣に考える』ということをしないと、

途端に売れないショッピングモールなので、そこは気をつけてください。

ライバルが増えるんじゃないか?


これには、石山が答えます。

ライバルに関しては、全然余裕です。Amazonに比べたら余裕です。

安心してください。

理由はYahooショッピングは、面倒だと思われているし、

稼げないと思われているからです。

私もそう思ってましたから。

だからこそ、あなたのようにピンと来る人がそもそも少ないです。

私たち3400名以上のお客さんにアンケートをとりましたが、

Yahooショッピングにお金を払ってでもチャレンジしようと思うか聞いたところ、

数十名程度しか興味を持ちませんでした。

物販ビジネスを取り組んでいる方でも、

Yahoo!ショッピングに対する反応が鈍いわけです。

しかも、私たちも大規模にお客さんを取りませんのでご安心を。

ライバルを増やすよりとにかく

トップ0.1%セラーを少数精鋭で育成したいと思っています。

そのほかの動画およびウェビナーはこちら

そのほか動画やウェビナーをご用意しておりますので、

ご興味があれば、ご覧いただけると嬉しいです。

ケース② 「Yahoo!は今ですよ、今」平林さん

ケース③ 「初めてノウハウを ”ちゃんと学んだ” 気がします」鴨志田さん

 

【NEW】2020年にリニューアルしたYOBC新ウェビナーの視聴こちら

→リニューアルしたYOBCウェビナーはこちらからどうぞ

質問などがありましたら、お気軽にLINEからどうぞ。

 

>水野・石山への質問はこちら(LINE)<