ROBC実績者vol.1
「販売開始6ヶ月で1000万円弱の売上を出す秘訣」

見終わったらこちらへ


第2話「開設1年半で月商1000万円突破した理由とは?」

第3話「月商2000万円の楽天アカウントを月商4000万円まで伸ばせた理由とは?」

>(保存版)ROBCオンラインセミナーはこちら<

質問フォームはこち


講師紹介

今回担当する神田講師は、

すでに売上がある状態の会社に入り、

業務責任者として売上を2倍に。
(約2000万円→約4000万円)

 

そして川辺講師も、36ヶ月で0から年商5億程度の売上を作ることが出来ています。

クライアント事例

2019年5月から2022年現在も限定6社でコンサルティングを実施しており、
常に最高クオリティのサポートと卓越した実績を出して頂いてきました。

「売上の伸びがゆるやかで、上がりにくい(下がりにくい)」
と評判の楽天ですが
市場次第で、売上が爆発的に伸びる経験もしております。

 

他にも、


事例①:月商500万円弱だったNさんは、12ヶ月の支援を経て月商約1500万円着地ペース』まで伸ばせている。

事例②:弊社Amazonコンサルで開発した商品を楽天で販売開始4ヶ月で『わずか1商品で約月商600万円』達成

事例③:同じく「平均月商 60万円程度」を推移していたSさんもサポート4ヶ月で『月商245万円』達成(過去最高)


などと、

かなり大きな成果を上げることができています。

射程圏内に入ってきています。

楽天を始めたきっかけ(動画のハイライト)

楽天は工数がかかるので、自分1人だけでEC運営していると中々大変。
手間がかかるので腰が重い、というクライアント様も多い中で講師2人はどうしてるのか。

そこを聞いてみました。

神田:

僕は、すでにその会社に3年前に入社した時には、楽天アカウントがあったので、
それを自ずと伸ばす任務を与えられたんですよね。
だから、やるぞ!という大きなモチベーションもなく。

ただ淡々と、売上を伸ばすために必要なことを試行錯誤しながら取り組んでいた感じです。

川辺:

私は、Amazonの次に市場が大きいし、Amazonがダメだった時のリスクヘッジをかけるために始めました。

楽天の方が、僕にとってはスムーズで、合ってるな、と思ったので、始めて良かったです。

楽天はAmazonよりも積み上がる感覚がある

川辺講師が所感として言った「楽天はAmazonより積み上がる感覚」というフレーズは

私どもも見逃せません。

Amazonは、結構頑張ってベストセラーを取ったとしても、

キープし続けるのが大変だったりします。

一方で、楽天はベストセラーを取るのも難しいですが、落ちるのも緩やかです。

 

PDCAをスピーディーに回せる人と資源があれば上手くいく

つまりPDCAをスピーディーに回せば、

「ゆるやかに売上利益が伸びていって、売上利益が大きく減る事がなくなる!」

という安定した状態を実現できます。

セミナーで楽天の伸ばし方の全体像を掴んでみませんか?

 

>(保存版)ROBCオンラインセミナーはこちら<