楽天スタートダッシュセミナー見逃した方はいませんか?

今なら、2020年6月に参加された楽天セミナーを
セミナー参加者と同じ「5000円(税込)」でプレゼントさせていただいております。

(※すでにセミナーに参加した方は、購入しないでください。無料配布します。)

このページでは2020年6月14日のオンラインセミナーの
録画版の販売をさせていただきます。

内容は、

オンラインセミナーの内容
◯全3時間36分
◯なぜ今楽天を始めるべきか(石山パート)
◯内部SEOの攻略方法(川辺パート)
◯外部流入の攻略方法(神田パート)
◯ROBCについて(石山パート)

といった内容となっております。

2020年7月1日からROBC(弊社楽天コンサル&コミュニティ)が始まりますので、もし楽天を本気でやりたい方は特にお早めに申し込みください。

期間・人数限定で公開中

費用:5000円(税込)

秘匿性の高い情報につき、予告なく販売停止する可能性がありますことをご容赦くださいませ

>オンラインセミナーへのエントリーはこちら<

(※PayPalでクレジットカードにてお支払いとなります)
(※特定商取引法に基づく表示はこちら)
(※プライバシーポリシーはこちら)

半年前にROBCに参加された実績者の声(一部抜粋)

セミナー打合せ中にバズった神田のTwitterキャプチャも登場

1番の見どころは、セミナーの打ち合わせ中に神田のtwitterがバズった事で
セッション数や成約数が何倍にもなったんですよね。

前回の2019年11月のセミナーでは、セミナー中にtwitterがバズり
今回はセミナー前の打ち合わせ中にバズるという、
何とも面白い展開がありました。

ちなみに外部流入についてもROBC第1期生がインスタがバズる事で
一撃で売上が数十万円と上がったり、SNSの力は見逃せないと思います。

 

「楽天って難しそう」「自分で集客するのって難しそう」という観念を
このセミナーを視聴いただく事で「面白そう」に変わることを
期待しております。

こんな人が参加しました(有効回答数76名)

実際のセミナー中に、アンケートを取らせていただき、
どれくらいの進度の方が参加しているかを調査いたしました。

実際に、これから楽天への出店に対して積極的だという事、
まだ雇用までは手が届かずしても「自分+外注さん」で
業務を回している事がわかりました。

 

効率よく楽天を軌道に乗せる

巷では、楽天セミナーやコンサルがいくつかあります。

その中には本物もあるかもしれませんが、
私たちの印象では、小手先のノウハウをたくさん教えてくれるところが多いです。

それも確かに必要かもしれませんが、
効率よく楽天を軌道に乗せるためには、
「無駄なことをやめるだけ」にフォーカスすれば良いだけです。

具体的には、これら(↓)以外はやらなければ良いのです。

「目標とする売上規模の市場選び」
「成約率の高いLP」
「SSなどのプロモーション戦略」

を底上げしていくことで、まず内部SEOを高める。
(画像で言うところのホームページ)

そして、それに加えて「ブランディング」を司る「コンセプト」を固めて、
私のように「SNS」をはじめとし た「外部流入施策」で、
その地位を確固たるものにする。

この両輪が回転することで、大量のお客さんからのアクセスを注いでも
無駄にならずに、着実に自社のお客さんへと最適化されていくわけです。

まず内部を着実に改善する。
それから外部流入の強化をしていく流れですね。

そうすれば、

信頼が積み重なるので効率よく軌道に乗せていきます。

今回のセミナーでは、その習得をさらに効果的にするために、
オフラインで実際にお会いする中で、具体的な内容/事例も踏まえて、
お話ししています。

 

こんな方にオススメです

●6月セミナー来場を逃した方
●楽天をスタートするに当たり全体像を掴みたい方
●楽天コンシェルジュや楽天大学からは学べないことを学びたい方
●楽天で実績が停滞している方
●AmazonやYahoo!だけでは、リスクだと感じている方
●同業他社による嫌がらせ行為などに疲れた方

期間・人数限定で公開中
費用:5000円(税込)

秘匿性の高い情報につき、予告なく停止する可能性がありますことをご容赦くださいませ

>オンラインセミナーへのエントリーはこちら<

(※PayPalでクレジットカードにてお支払いとなります)
(※特定商取引法に基づく表示はこちら)
(※プライバシーポリシーはこちら)

 

【参考】セミナーの告知動画はこちらから


その他の動画はこちら

第1話「講師の自己紹介と売上利益アップの秘訣」

第2話「開設1年半で月商1000万円突破した理由とは?」

第3話「月商2000万円の楽天アカウントを月商4000万円まで伸ばせた理由とは?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Eマガに戻る