ROBC開講セミナー記念動画vol.2

「開設1年半で月商1000万円突破した理由とは?」

 

見終わったらこちらへ


第1話「講師の自己紹介と売上利益アップの秘訣」

第3話「月商2000万円の楽天アカウントを月商4000万円まで伸ばせた理由とは?」

>ROBC最新セミナーはこちら<

質問フォームはこちら


楽天開設から1年半で結果が出た理由(川辺講師)

メイン商品が、2、3個で月商が1000〜1500万円、利益率35%、

ROAS(売上/広告費)1000%以上を達成した

川辺講師の成功理由と、どんな対策を打ったのかをまとめてみました。

内部SEO(楽天内の検索順位)を高めた

一番の理由は、内部SEOをじわじわ高めた事です。

「内部のSEO」は当然商品ページの成約率が高ければ高いほどアップします。

そのために以下で信用性を上げたそうです。

レビュー施策にこだわり、行列感を出した(現在1000件以上/月200〜300件ペース)

ページの成約率を高めるために重要なのが、レビューです。

楽天を色々ネットサーフィンしていると、レビューに対する施策を

多くのセラーが行なっています。

しかし、商材とレビュー依頼方法がズレたりすると、一向に集まらない事もあります。

そこも、川辺講師は、レビューの依頼方法を試行錯誤して、商品レビューをしたくなる

レビュー依頼の仕方やオファーの仕方を探り、この数を取れているようです。

Amazonだとステマだと疑われるレベルのレビュー数ですよね・・・。

 

LPを2,3パターン試した

動画ではあまり語られてなかったですが、

売上が上がるようになるまでに、LPの構成も2、3パターン試したようです。

「お客さんにとって確実に信頼性が上がる素材」を入れたり

「キャッチコピー」や「ファーストビュー」を変えたりして(俗に言うA/Bテスト)

一番ハマる構成を作りました。

RPP(楽天のオートターゲティング広告)

成約率が高いページを作れるようになってから、

ようやくRPPを数十万円掛けていって、Amazonよりも多少抽象度の高いキーワードも拾って、

露出を増やしていった、と川辺講師は言ってましたね。

露出を増やしても成約率が1%とかの場合は、LPと広告がミスマッチしているか、

LPがシンプルに魅力的ではないか、のいずれかなので、トライエラーを重ねていきたいですよね。

たった1人で月商1000〜1500万円程度も到達可能

1番ビックリするポイントは、ここまでを1人でやってきた、という事です。

商品の問い合わせがAmazonよりも多いし、

最初の立ち上げも手間が掛かることはあります。

なんせAmazonみたいにFBAというシステムが無いので、全てAmazonが対処してくれる、

という便利さがないだけに、余計に手間がかかるな、と思うかもしれませんよね。

しかし、1つ1つマニュアル化をして外注さんに仕事を振っていったら

「自分+外注さん」だけでも到達出来たそうです。

1人でAmazonと楽天を両立する事も出来るんですよね。

これは意外です。

意外ですが、OBCにもう1人、Amazonと楽天で両方の月商が1500万円オーバー、

なおかつ1人で運営している方がいたりするので、不可能ではないですね。

Amazonで競合がバンバン入ってくる商品も楽天なら勝てる可能性もある

ちなみにこの動画で本来は言いたかったことで、結構余談なのですが、

ビックリされるかもしれませんが、楽天は2年くらい時代が遅れていると言われています。

なので、今手持ちの商材がトレンド的にちょっと値崩れがしてきたかな、と思ったり、

中国セラーがバンバン入ってきてしまいAmazon等のモールでは価格崩壊してしまったり、

「型」が変化したものが売れてしまってるな、と思ったとしても、

楽天をスタートしておけば、在庫処分することが可能になります。

LPを制作する手間こそあるかと思いますが、不良在庫と在庫回転率が下がるよりはマシです。

そういう意味でも、Amazonだけを実践している方は、

この機会にリスクヘッジするのもいいかもしれません。

限定セミナーには登録はお済みですか?

動画をご覧いただきありがとうございました。

次回のセミナーは、こちらとなります。
まずはこのページの対談動画をご覧ください。

>ROBC最新セミナーはこちら<