1. TOP
  2. 第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
  3. 【ヤフショ5分講座】開始4ヶ月で月商400万円(利益30%)アップしたHさんの証言

【ヤフショ5分講座】開始4ヶ月で月商400万円(利益30%)アップしたHさんの証言

第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
この記事は約 11 分で読めます。

こんにちは、OBC講師の水野です。
このメディアではYahooショッピングを担当しています。

この記事では、商品選定もままならない物販事業経営者が、
私の指導を受けてから4ヶ月目で月商400万円以上まで伸びた軌跡を
本人の証言を元に公開していきます。

HさんはYOBCに入って、4ヶ月でかなり実績を上げられた方なので、本日もYOBCに入ってからの実績だったりとか、どのように進められて実績を出したか、など、いろいろ聞いていきたいと思いますので、Hさんよろしくお願いします。

この記事で分かる事
1、スピードの重要性(思ったことを早く形にしてみる)
2、効率を追求しすぎない
3、意識の高いコミュニティが周りにあるとビジネスの推進力が上がる
4、期限を意識して日々行動をする
5、ヤフーって、頑張れば結構儲かる

効率を重視しない逆算の成功法則

(※YOBCの募集説明会の様子。現在はオンラインで募集をしている)

Hさん

よろしくお願いします。


水野:

まずは、簡単な自己紹介をして頂ければと思いますので、よろしくお願いします。


Hさん

Hと申します。私の物販経験はAmazonをちょっとやっていまして、前から、石山さんのメルマガを取ってたんですよ。
Amazonをやっている傍ら、石山さんからメルマガが来て、ヤフーやるぜと。
講師は水野さんということで、実績を上げている。

丁度タイムリーに「やろうかな」「やり始める時」に来たので、
7月に説明会に出させて頂いて、そのまま参加したと。

という流れですね。

水野:

入った当初はほとんど、ヤフー自体はやっていなかった感じですよね?

Hさん

そうですね、ほとんど、2週間前に始めたのかな、ヤフーは。
7月の15日に説明会あったと思うんですけど、その2週間前に始めて、出品を全部、Amazonでやっているので、中国輸入だから、商品無いじゃないですか、

そこはもうLPとかも大体作ってあったので、あっという間に終わって。
じゃあ、これ何するの?みたいな感じで思っていたんですよね。

いろいろあり過ぎて、広告とかの種類も、
Amazonはスポンサープロダクトだけじゃないですか。

だから、特に困る事ないんですけど、ヤフーは色々あって分からんと。

そう思っていたら、タイムリーに石山さん(※OBC主催者)から、OBCのヤフー版やるって話で、頂いたんで、これはもうすぐ行くしかないなというところで。

飛びついたって感じですね(笑)


水野:

実際、YOBCに入ってからヤフーを本格的に始めたって感じなんですかね?

Hさん

そうですね。

取り組み開始初月から50万円弱、そこから徐々に・・・

水野:

YOBCに入ってからの実績ってどんな感じでしたっけ?
3か月、4か月くらい経っていますけど。

Hさん

初月は50万弱だったんですよ、そこから100万ずつ上がって、先月が410万、これはご報告している通り、410万ですかね。

(編集者注:11月2日現在の数値)

水野:

大分すごいですね。

Hさん

全然、たまたまです。

水野:

3か月で400万以上売り上げたって感じですもんね。

Hさん

4か月目かな。

水野:

4か月目で、それでも早いですよね(笑)

Hさん

そうですかね、たまたま、運が良かったですね。

水野:

実際、進めていく形で、4か月でかなり実績を上げられたと思うんですけど、どんな感じで期間中進めていったんですかね?

日々のやることをエクセルにまとめて、潰していった

Hさん

まず一番最初にやったことは、水野さんに頂いた教材を一個一個全部エクセルに纏めるんですよ。LINE@は最近最後にやったんですけど、例えば、ストア構築とか、htmlの作り方もそうですよね、バナー作りましょうとか、あれを全部エクセルにまとめる。

そして期限を設けるところですよね、一番重要なのが。これいつやるの、自分で自分のケツを叩かないとなかなかやらないので、期限決めたあったほうがいいですね。当然たまにサボりもするんですけど、そういったところで、全部一つずつ潰していって、全部やりましたね。

水野:

結構教材的にもやることが多いじゃないですか、ボリュームあって。

Hさん

そうですね、ありますね。

水野:

でもそうやって一つ一つやっていけば、意外にそんなに大変ではないのかなという部分もあるんで、そういったエクセルに纏めて、目標をもってやるというのは、すごく好事例というか、でもそういう風に進められていると早いのかなという感じもしますので、それはすごいですね。

Hさん

あとは性格とかもありますからね。自分は割と、あまり気が長くないので、とにかく早くやると。ミスったら後で修正すればいいでしょ、っていう考えなので、それがいいかは分からないですけどね、最初からバシッとやって、実績を上げる方もいるので、自分の場合、見切り発車でもいいからどんどんやっちゃって、あれこれだめだと思ったら、止めて修正したりとか、という感じで、いつもやっているので、それを水野さんのバイブルで体現したって感じですかね。

水野:

確かにスピード感ってすごく重要ですよね。

Hさん

重要ですね。

水野:

私も結構そういう感じで進めていって、特に思うのが、リサーチして、この商品進めていこうかってなった時に、見切り発車でもいろいろ進めておけば早いのかなという感じもしますので。

Hさん

仰る通りですね、そこは。

水野:

やっぱりそこら辺はすごく重要なのかなって、Hさんの話を聞いて改めて感じましたね。実際にYOBCに入って良かったことって何かありますか?

Hさん

良かったことは、一番は数字が上がったことですね。

水野:

(笑)

Hさん

それはもう一番の目的なので(笑)

あとは、割と懇親会とかも毎回行っているんですけども、
話を聞くと「ああそうなんだ」みたいのも結構あったりするんですよ。

だから、そういうのでもやっぱり、グループでやるのもいいですし、あと、これはちょっと皆さんの性格とかにもよると思うんですけど、競争心が出てくるんですよね。

水野:

確かにそれはありますよね。

Hさん

一人でやっていると、いいやいいや、それやらなくてもいいやってなっちゃうんですけれども、やっぱり競争心がちょっと出てくるので、そういったところでコミュニティというのはすごくいいと思いますよね。

水野:

入って4か月目で400万ってすごいですよね。

Hさん

それはまあ、ちょっと今月落ちちゃいましたけどね、先月良すぎたので、今月は300万台で落ち着くと思うんですけど、ちょっと落ちちゃいましたけど。

水野:

12月がやっぱりでかいので。

Hさん

12月はやっぱり売れますか?

水野:

年末でボーナスとかもあるので。そういった時期もまだまだあるので。うちは去年売上作ったのが意外に1月2月だったりするので。

だからヤフーショッピング、大きなイベントとかはないですけど、商材によっては、時期も関係なく売れたりするので、引き続きそういった形で山貼っていくというか、今進められていることをどんどん続けてやっていくと、たぶん来年以降もかなり面白いことになっていくんじゃないかなという感じはしますね。

Hさん

楽しみですね。

水野:

はい(笑)
かなり行動力があるんで、全然大丈夫だと思いますんで。

Hさん

そうですね、基本的なスタンスが、死にはしないっていうのがあるんですよ(笑)これ何でもそうなんですけど、死にはしないだろうっていう感じで、失敗も散々しましたけれども。ヤフーの方でも新規商品で失敗したりしていますからね。

水野:

そうなんですね?

Hさん

やっぱり意外に反応なかったり、売れなかった事はありますよ。
ただ何かのセット商品として、私のメインの商品をセットで売ったりとか、メルカリでさばいちゃえとか、要するに考えて動いてれば、死にはしないんですよ(笑)

そんなに、あれこれ考えていても、100%ってないですからね。

水野:

セットで売れたら意外に売れたとか?

Hさん

そうですね、要するにもともとの商品が売れているので、くっついて嫌な人いないじゃないですか。とか、マイナスになっちゃうんですけど、その分売り上がれば、そのプラス効果でいいかなとか。

水野:

それ大分面白いですね。

行動してから考える、逆算の行動力

Hさん

なんかシンプルに考えちゃいますね。
失敗したらそうなので、あまり考えていると、時間がね、やっぱり、どんどん経っていって。水野さんとか、コンサルの方に入ると別なんですけど、自分でいくら悩んでいても堂々巡りなんですよ、結局自分の頭脳って一つしかないから、同じことをずっと繰り返しているので、ループになっちゃうから、もうそんなのは止めて、じゃあ早くやろうぜみたいな感じで、自分はやっちゃいますけどね。

水野:

大分行動力ありますね。

Hさん

そうですかね。

水野:

実際その行動力がかなりある中で、残りYOBCの方は2か月くらいじゃないですか、先程話したように1月も結構数字作れたりするので、卒業までの目標とかってありますかね?

Hさん

どうですかね、本当は1000万って言いたいんですけど、1000万はちょっと現実の話きついでしょうね。だから、700万くらいかな。

水野:

いい感じですね。

Hさん

現実ベースで。あまり風呂敷広げると、こいつバカだと思われちゃう(笑)

水野:

そんなことないと思いますよ(笑)

Hさん

1000万は、まだ無理だと思いますね、商品数とか、もっとかなり増やさないと。だから、無理が出てくるので、700万は目指したいですね。

水野:

いきましょう。よろしくお願いします。じゃあこれを聞いている他のYOBC生に何かアドバイスがあれば、一言お願いします。

広告は、小さく色々と試して反応を見てみよう

Hさん

さっき言ったように、水野さんの教材、あれをやりこんで、あとスピード感というところと、あともう一つ、私も広告とか結構買ったんですよ今回。ポイント広告とか全然当たらなかったんですけど、とりあえずやっぱり一回試してみるというところですよね。利益って非常に重要なんですけど、あまり売上が上がっていないうちから、利益を考えていると、要するに効率性ばっかり考えると、売上も上がっていかないので、やっぱり良い意味で効率性を忘れてみたらいいんじゃないかなとか思いますね

水野:

私も最初結構買いましたからね。
買ってみて気付くっていうか、そこら辺やるんだったら、内側のところ一生懸命やったほうが早いなって感じですね。

SEOの分析をしたりとか、今あるアイテムマッチだったり、
そういった広告名をしっかり見て行ったほうが、意外によかったりもするので。

それが全部出来上がった後に次のステップみたいな感じで考えてもいいのかなと個人的には思っているので、そのでっかい山の時に、例えば良い買い物の日とか、そういう時期だったら買っても全然良いと思うですけど、常に毎月毎月買っていくとなっちゃうと、そういう部分もあると思うので。

でも最初はやっぱ私も買ったので、買って気付く、
やってみて気付くということも必要ですよね。

Hさん

GMO今月終わりにして、アイテムマッチは自分でやるって感じにしているんですよ、やる場合は。
PRオプションも結構効くので、だったらPRオプション導入された方がいいのかなとか、考えているので、細かいところはこれから戦術的なところは、調整していけるんですけど、大枠はそうですね、水野さんの教材やって、スピード感と、あとはあまり効率的にならないというところ、この3つですかね。

水野:

ありがとうございます。これ聞いている方も、Hさんの話を参考にして、残り短い期間だと思うんですけど、どんどん進めていって頂ければ、いいのかなと思いますので、引き続き皆さんよろしくお願いします。Hさん本日はありがとうございました。

面談後に成功理由をまとめてもらいました

①スピード

あれこれ考える前に、まずやってみる。

②「いつやるんだ?」と必ず期限決める

水野さんの必殺教材バイブルをエクセル表にして1つずつ潰していき、
全部やりました。

苦手のライン@も今週中にはバナー貼って
友だち募集できると思います(笑)

追記:ライン@の承認やっと来ました!!

③いい意味で「効率性」は考えない

売り上げ立てるまでは、過剰な効率性重視は売上の妨げになると思います。
特に最初とか、大した売り上げも無いのに、効率性ばかり考えるということは、
要するに過剰に利益を重視する(広告とか全く試さない)ということです。

自分の考えは、最初はまず売上です。

まず売上を立てて、ランキング1位を取ることに専念しました。
その結果、そうなりました。

効率性は、売上が今の自分の実績よりも全然上昇したときに、
後から考えます。

ですので、広告も結構試しました、
効果有無は別として、経験を金で買いましたね。

④コミュニティーが良い

藺草さん、水野さん、つまりは石山さんグループのコミュニティー運営は
素晴らしいと思います。

私が評価させていただく立場ではないのですが、
OBCでもYOBCでも毎月MVP選出されたり、、
それだけ結果が出てる人が多いと言う事ですからね。

さすが3年以上続いてるとこは違うなーと思います。

お三方とも、しんし(真摯&紳士)だと思います。

上記①~④です、ご参考になれば幸いです

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございました。
言葉から前向きで希望に溢れているエネルギーが感じられましたね。

最近は様々なジャンルでYahooショッピングの市場が上昇していきます。
このような形で、今後も好事例を公開していきますので、
さらなる記事をお待ちください。

そして何より、この記事を役立てて、あなたのビジネスの
お役に立てたら嬉しいです。

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら