1. TOP
  2. 第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
  3. 【ヤフショ5分講座】出品者評価にも有効なシナリオメール設定方法まとめ

【ヤフショ5分講座】出品者評価にも有効なシナリオメール設定方法まとめ

第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
この記事は約 3 分で読めます。

オリジナル商品(OEM)販売促進コンサルタントの水野です。
今回は、Yahooショッピング(ヤフショ)でかなり重要な「メール機能」についてお送りして行きます。

ちなみにヤフショの”シナリオメール”というものを知っていますか?

定期的なタイミングで自動送信してくれるメールのことで、うまく使えれば確実に売り上げアップにつながります。

 

今回は「出品者評価にも有効なシナリオメール設定方法まとめ」と題し、シナリオメールとはなんなのか、その設定方法などについてまとめていきます。

ヤフショのシナリオメールとは?

シナリオメールとはお客さんが商品を購入後、

・3日後
・30日後
・90日後

に自動でお客さんに送ってくれるメールのことです。

 

基本的な使い方としては、購入にまつわる事務的な内容のメールの後、購入3日後くらいに改めて御礼をした上で『商品に不具合が無かったか』どうかのメール(サンクスメール)を送り、それ以外には30日後、90日後に自分のショップで扱っている別の商品の紹介などを送るのがいいと思います。

 

以前もお伝えしましたが、Yahoo!ショッピングは出品者評価(Amazonは商品評価の方が重要)が重要です。

こういったメールをしっかり送ることで悪い評価を防ぐだけでなく、出品者評価をもらうためにもアフターフォローのメールはすごく効果的ですので、必ず送ることをオススメします。

 

ヤフショのシナリオメールの設定方法

では設定方法について説明していきます。

まず、ストアクリエイタのトップページにある「ストアニュースレター」の「シナリオメール」をクリックします。

 

そうするとこちらの画面になりますので、まずは「シナリオメール設定」をクリックします。

 

次にこちらの画面になりますので、希望の配信回数を設定していきます。

 

先ほどもお伝えしましたが、シナリオメールは注文日の3日後、30日後、90日後の間隔でメールを送ることができますので、サンクスメールや商品についての補足情報、ストアのおすすめ商品情報を効果的に送れます。

 

シナリオメールは商品情報を「自動で生成する」か「手動で生成する」か選べる

そして上の画像でわかるとおり、

・商品情報を自動で生成する
・商品情報を手動で生成する

といった選択肢があります。

 

こちらの商品情報を自動で生成する設定を選択すると、自動でメール原稿の内容を作成でき、ストア内ランキング上位商品を掲載してくれます。

しかし個人的にはここは手抜きをせずにちゃんと文章などを自分で考え作成した方が、お客さんにとってより有益な情報を提供できると思いますので、商品情報を手動で生成する事をオススメします。

 

こちらの設定が完了しますと、次にシナリオメール原稿を設定していきます。

 

シナリオメール原稿設定をクリックするとこちらの画面になります。

 

こちらでそれぞれのタイミング、デバイスで送るメールを作成していきます。

編集をクリックするとこういった画面が出てきますので、

 

それぞれ設定して次へをクリックするとプレビュー画面が出てきますので、そちらを確認して設定をすれば完了になります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

シナリオメールについて、下記のことをまとめてきました。

・ヤフショのシナリオメールとは?
・シナリオメールが送られるタイミング
・シナリオメールの設定方法
・商品情報を「自動で生成する」か「手動で生成する」か選べる

もしまだ設定していないのであれば、とりあえず設定することをオススメします。

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら