1. TOP
  2. 第3ステージ(OEM商品×Yahoo!/楽天)
  3. OEM販売で楽天に参入するタイミングと解消方法

OEM販売で楽天に参入するタイミングと解消方法

第3ステージ(OEM商品×Yahoo!/楽天)
この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは、オリジナル商品販売の専門家、石山です。

この記事では、

まずこの記事を読む前に1つだけ言いたいこと!

それは『資金がない方』『時間がない方』は、
Amazonと楽天を両方やらない方がいい
って事ですね。

(参考記事:『資金がなくて出来ません』を解消するための秘策)

仕入れる資金もないし、資金調達する時間もない!
という言い訳が大好きな方は、エネルギー漏れなので
極力やらない方が良いです。

というわけで、

●OEM中国輸入はこれから取り組みたいが、
Amazonは薄利多売のイメージがあって、取っ掛かりづらい方

●Amazonで既に商品を販売していて、さらに売上を伸ばしたい方

●1つのプラットフォームだと少しリスクを感じる方

 

が、楽天をスタートできる方の条件になるかと思います。

Amazonと楽天を併売するタイミング

Amazonで市場があるなら参入チャレンジしてOK

Amazonでの販売でベストセラーを取れるくらいになってきたタイミングで
楽天への参入も検討して良いです。

Amazonも楽天も購入者層こそ差があれど、
ユーザー数がトップの楽天ですから、全く売れない、
ということが無いからです。

大体の売上ボリュームを正確に取得したい、という方は、
Nintがオススメです。

<参考>市場を測定するツール「Nint」
https://www.nint.jp/


そして売れてる商品と販売元を
ベンチマークしてウォッチすることからスタートです。

上記のNintは月々数万円の費用がかかるので、
感覚的に市場規模を知りたい方は、
「1ヶ月間のレビュー数」から感覚的に販売数をイメージしてください。

だいたい4%がレビューを書くと予想して、

レビュー数:20個 → 販売件数:500個 ×売値:2000円 =100万円/月

と概算を立ててみて、
「この商品は、だいたい月に100万くらいの売上予測かな」と考えてみる。

そしてさらに同一商品や類似商品を観察してみる、

「競合が5個あって、それぞれ●●万、▽▽万、⬛︎⬛︎万くらいだから、
うちはこのシェアを20%ほど取って、月に90万くらいかな」

みたいな感覚値で進んでもらっても構いません。


どうしてレビュー数などで判断していいのかというと、
楽天はステマレビューを入れることが実質的に不可能なので、
完全に第3者しかレビューを入れられません。

(※ステマレビューが発覚した場合は、重大な罰金があります)

なので、自然レビューを元に感覚的にではありますが判断出来ます。


初回出店料を楽に払えるタイミングで始める

楽天は、年間一括払いなので、
これくらいの費用がかかります。

3ヶ月限定のライトプランやがんばれ!プランでもこの価格です。
なので、払えるタイミングで始める、というのも1つの策です。

運営してくれる人(仕組み)の壁

(引用:https://www.rakuten.co.jp/ec/plan/?l-id=PC_common_navi_to_plan)

こちらは、楽天お仕事紹介、というサービスです。

意外に知られてないのですが、楽天を運営した経験のある人が、
たくさん揃っているモールまで用意されています。

これを使わない手はありません。
クラウドワークスやランサーズでお仕事を依頼するのも良いですが、
「すでにRMSの動かし方を知ってる」という方に、
指示出ししたりする方が早いですよね。

なので、この楽天お仕事紹介のサービスを使ってもらえれば、
とりあえず人的リソースについてはクリアできそうです。

楽天でしっかり売上を立てられるの?の壁

半年は辛抱して基本的な販売技術を磨く

初期費用の壁や外注さんの壁をクリアしたとしても、
RMSなどのストアフロントに慣れたり、外注さんに対する指示出し、
売上を立てるまでのプロモーション施策に慣れるまで多少の時間がかかります。

Amazonではモールの仕組み上、1〜2ヶ月力を入れて売上を立てに行けば、
既存のベンチマークを上回ることは簡単です。

しかし楽天は下克上が難しいので、半年近く粘り強くSEO対策を打ち続けなければなりません。

ですので、
初期の投資金額を半年間くらいで回収するぞ、という気持ちで取り組めば、
きっと上手くいくでしょう。

ただし、その半年間に耐えられない場合は、今の所辞めておいた方が良いでしょう。

そして、他のモールの攻略に力を入れてください。

2019年5月にROBC(楽天版OBC)のモニターとして数社コンサルティングをスタートしました

弊社では「実行をしっかりすれば、成果が確実に出る講座」の制作に
日々力を入れています。

現在、ROBC生に対して、ノウハウを提供しながら、
望む成果を出せるかどうかを仮説検証しながら吟味しています。

Amazonでは上手くいったけど、
楽天での販売の仕方には自信がないから、一抹の不安を常に抱えている、
という方は、OBC基礎講座30日メルマガに一応登録しておいてください。

基本はAmazonの事を中心に発信していますが、
検証中の楽天のノウハウとプチ成功した小さな情報なども含めて、
広報活動に努めてまいります。

というわけで、成果にコミットを果たしたい方は、
下記のメルマガに一応登録をお願いします。

 

カテゴリーから探す

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら