1. TOP
  2. 第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
  3. 【ヤフショ5分講座】クリエイティブ制作の外注さんの見つけ方と効果的な指示出しの方法

【ヤフショ5分講座】クリエイティブ制作の外注さんの見つけ方と効果的な指示出しの方法

第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは、水野です。

今回も、Yahoo!ショッピングの販売最大化について
大事な内容をお送りしていきます。

今回は『外注さんを的確に探し、仕事を依頼するコツ』です。

この記事で分かること
1、外注さんに的確な指示を出して、良質な商品ページを作る方法
2、それによって、商品ページ制作スピードを上げる方法
3、外注さんと上手く仕事するために、自分の決断力も高める方法

 

今まで私が指導してきたYOBC生の中で、
アドバイスを実行するのが遅い人に、原因を聞くと、
『外注に上手く仕事を依頼出来ていない』
と耳にする事があります。

もしくは、従業員の方に上手く仕事を依頼できていない、
という声も耳にします。

確かにそういう方の商品登録ページを見ると、
すごく微妙な画像を登録しているな、と感じます。

そういった方達に共通しているのは、

・外注さんに上手く仕事を振れていない
・もしくはコミュニケーションを上手く出来ていない

この2点に尽きます。

外注さんへの指示出しする力が鈍ると、
そこでボールが止まってしまって、ビジネスの推進力が落ちます。

 

多分そういった方達は、
まず具体的にどういったページを作りたいか
固まっていないと思います。

自分のイメージをより具体的にするって事が、
外注の方に仕事を依頼する上で非常に重要です。

そのためにやるべきは、
Yahoo!ショッピングの、色々なストアページ、商品ページ
1つでも多く観察する事です。

特に、上手くいっているストアを見ると良いです。
「自分のカテゴリーだけを見れば良いですか?」と聞かれることもありますが、カテゴリーやジャンルを跨いで、たくさんのページを見てください。

2週間くらい徹底的に見れば、
売れているショップは、どういうページを作ってるのか?
どういうサムネイル画像が良いのか?

ここら辺が分かってきます。

売れてるショップを真似つつ、上回れるところを探す

後は、それをベースに依頼すればいいですね。

基本的に売れているショップの画像を参考にして、
依頼しちゃうのが早いと思います。

必ず画像付きで、解説を入れる

自分が作ってもらいたいと思っている画像を、
文章ですべて説明しても絶対に伝わりません。

なので必ず画像付きで依頼を掛けます。

あなたがまだ従業員を雇っていなくて、
クラウドワークスとかで外注さんを捕まえている場合は、
特に文字だけでは伝わりづらいと思います。

<指示例>

みたいに依頼すればいいと思います。

外注さんは”販売のプロ”ではない

肝に命じておいて欲しいのは、クリエイティブ制作の外注さんは、
ほとんどが『画像を作るプロ』だけど『販売のプロ』ではありません。

だから、依頼する上で一番重要なのは、
自分がしっかり研究する事だと思います。

この研究をすることで、

どういう画像にするか?
どういったサイトにするか?

などといったイメージが付くだけでなく、

  • ライバルはどういった販売戦略をしているのか?
  • どんなバナーを貼っているのか?
  • どんなセールをしているのか?

そういった事もわかってきますので、
Yahoo!ショッピング内の『他の店舗を観察し続ける努力』は
続けてください。

一石二鳥どころの話じゃないので、
しっかり研究をして、そのイメージをもって、
その上で依頼をかけてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら