1. TOP
  2. OBC生の声
  3. 【2019年】K講師によるAmazonセラー二極化の兆しと考察

【2019年】K講師によるAmazonセラー二極化の兆しと考察

OBC生の声 第2ステージ(OEM商品×Amazon)
この記事は約 12 分で読めます。

Eマガ読者の方、こんにちは。
Amazon販売最大化コンサルタントの石山です。

この記事では、OBCの年間MVPを獲得したK講師の発表をシェアさせていただきます。

というのも、2018年下半期のAmazonの検索エンジンアップデート(A10)により、打撃を受けた人を多く見受けられたからです。

その中でも涼しい顔をして生き残っているセラーはどんな性質を持ち合わせているのか。

なので、以下の項目に該当する方にとっては、
そのヒントになる記事になる事かと思います。

この記事で手に入るもの
・2019年以降もAmazonビジネスで増収増益するための心構え
・一流の情報を手に入れるためには
・営業利益1億円を残すために重要な事

中国輸入で1日1時間で月収100万円なんて時代は終わる

石山
では、今回のMVP発表の時間となりましたので、発表させていただきます。今月のMVPはK講師です。

石山
Kさんは講師ではあるんですけど、2018年は成績としては、自分の物販が飛躍的に伸びたというところ。(粗利益1億円)あとは、講師を2人輩出、YさんとTさん。あと、講師グループみたいのがあるんですけど、チャットで、講師の人が生徒さんから質問をもらって、分からないことあるじゃないですか、僕に聞かれても僕も分からないこといっぱいあるので、じゃあ講師グループに聞いて下さい、みたいな話をすると、結構な確率で10のことを100くらいでやってくれて、OBCの発展に貢献してくれたということが大きな要因かなと思いますので、もう一度大きな拍手を。
石山
今回いろいろ発表してもらう、K講師の発表は、先月くらいからアルゴリズムが変わって苦しんでいる人が増えている中で、K講師の今やっているやり方の中に答えがあるって、僕は思っていて、そこら辺を厳しいことも出てくると思うんですけど、言っていることって間違っていなくて、そこを突き詰めてやれば、2019年は僕は勝てると思うので、そこら辺もふまえて聞いて頂ければと思います。お願いします。
K講師
この度は年間MVPという素晴らしい賞を頂きありがとうございます。ですが、ちょっときついこと言うので、引かないで下さい。今日は、日頃思っていることを言いたいと思います。ちょっときついことも言いますが、言って気持ちよくなる的な、快楽殺人者的な感じではなく、もっと仲間が出来たらいいなという心で話すので、温かく聞いて下さい。

2019年、Amazonセラー大量淘汰時代が始まる

(以下、K講師発表より抜粋)

MVP受賞の聞いた時、正直なところ、そうだろうなと言う風に思いました。
なぜならば、誰よりも努力したと自分でも思うからです。

皆さんは誰よりも努力したと言えますでしょうか?
努力したと自分で言えないようであれば、相当ヤバいと思います。

中国輸入で1日1時間で月収100万円なんで時代はもう終わりです。
今100万円稼いだところで、そんなものはふけばすぐに飛びます。

皆さんは、しょせん隙間で稼いでいますが、
その隙間は残念ながら早くても来年、もしくは再来年埋まります。

トップセラーほど危機を感じながらAmazonの市場を見ている

そんな中、皆さんを見ていると、のんびりやっているなと思っています。
ノリで脱サラなんてしちゃった人は、もっと命がけでやらないと死にます。

おそらくAmazonのセラーの9割は、
正直なところ2~3年で消えるのではないかなと思っています。

私は四六時中このビジネスのことを考えていまして、
決して楽してここまで来たわけではないです。

皆さんに共通して言えることは
『本当に社会人やってきたの?』って思っています。

口を開けば「広告」だの「価格戦略」だの、
社会人として本当に物を売るという本質が見えていないな、
という風に思っています。

社会人は人に物を、サービスを提供して、
その対価としてお金を頂くことです。

それを切り離して、皆さんを見ていると、
ネット上で物を売るための、小技探しをしているようにしか
見えないように感じます。

所詮、同じ商品を並べただけでは買われる理由は無い

ネットの向こう側には人がいるということを
もっと意識した方がいいと思っています。
まずはそれを理解して下さい。

その決定的な欠陥としては、
皆さんは、自分の商品を知らな過ぎると思っています。

自分の商品の良さを口頭で、人と人、相手がいるところで売り込むことができないのではないかなというふうに思っています。

今皆さんがやっていることは、
ライバルの商品と同じようなものをもってきて、
同じようなカタログを作って、しょせん並べているだけだなと思っています。

そこに買う理由って一斉なくて、選ばれている理由というのは、
正直なところ、価格だけなんです。

それは、正直言いまして、ただの作業です。
仕事ではありません。そこに成長なんてものは一斉ないと思っています。

あと、隙間で稼ぐ成功体験におぼれて、必ず、死ぬことになります。

もっと頭を使っていきましょう。
あと、Amazonで売っている以上、もっとAmazonについて詳しくなるべきなのではないかなと思っています。

人に情報を与える人に、情報は集まってくる

皆さんを見ていると、ただ情報を待っているだけで、
それでは遅すぎるなと思っています。

人に情報を教える人に情報というのは集まってきまして、
くれくれ野郎に情報をあげるメリットなんて一斉ありません。

今は私達は金銭が発生しているので教えているのですけれども、
正直なところ、それ以上のメリットってまだ感じれていないんですね。

ですので、もっと成長して、僕らとずっと付き合っていけると
思われるような人になって欲しいなと思っています。

あと、最後に、皆さんは中国人セラーはズルいと口をそろえて言うんですけど
、最近の中国人セラーって結構良い物を売るようになっています。

あと勝つためには手段を選ばないんですね。
値段も安い上に、問い合わせしても、24時間体制で対応していたりします。

今のままでは、中国セラーにすら余裕で負けると思うので、
正直言って残された時間というのは少ないと思うんですね。

だから、とりあえず言いたいことは、
もっと死ぬ気でやって下さい、以上です。

あれ、だいぶ引かれてませんか?w

石山
K講師だから、とか、っていうのはあるかもしれないですけれどね、Kさんだから稼げているんでしょってあると思うんですけど、僕会った時、3~4年前、当時は、超ブラック企業のイラストレーターみたいな仕事やっていて、会社勤めやっていて、めちゃめちゃ時間なくて、かつ、大して稼いでもなくて、金もなくて、ていうところから始めてるんです。

自分で研究し、周りに与えられるセラーに成長せよ

そこから、めちゃくちゃやってたんです。
ほとんど睡眠時間とかもなく、最初正直、この風貌だったので、こいつ稼げねえなって思ったんですけど(笑)

喋っているとすげえなって思って、最近は僕が聞くことが多いくらい。
OBCもそうですし、正直、僕が偉いわけでもなければ、
講師が偉いわけでもないんですけど。

やっぱり彼がすごい上手いなと思ったのは、
自分で研究しているというのはもちろんあって、誰よりもすごい研究していて、研究の仕方とかは懇親会で隣の席になることがあれば色々聞いてもらえば、言えることと言えないことがあると思うんですけど、色々教えてくれると思うんですけど、すごい追究してやっていて、僕とかもそうですけど、いろいろ教えてくれるんですよね。

だったら俺も教える、というので、僕だけじゃなくて、いろんなもっと稼いでいる人とか、上手く関係交渉が出来て、自分のレベルも上げながら提供して、自分ももらって、そうやって上流のポジションを作っていったんですよね。

年間1億円の利益を生み出すためなら”カイゼン”を繰り返そう

別に運が良くとかでは全くなくて、意図的にやっていたかは分からないけど、結果的にそれが良い循環になって今の状況。

どのくらい稼いでいるのかは言っていいのか分からないけど、
年間利益で1億以上出ていると思うんです。

聞いていると、しかも商品数は数商品でやっていて、
これって、一個でこれがすごくてとかじゃなくて、いろんな要素が積み重なって。

全てこだわっているんですよ、商品選定から、工場選びから、品質から、物流コストとかの削減もすごい考えてやっているし。

毎回商品を発注するごとに改良している。
やっている人っていないですよね(笑)

正直僕もそこまでやっていないんですけど、そこを追求できたからこそ、
僕がすごい、不思議だなと思うのが、そこまで価格戦略とかやっていないよね。

市場が求める商品は、価格戦略を最低限に抑えられる

もちろん安くはしてます、ちょっとは。
でも極端な価格戦略とかではなくて、1ページの中では安いけども、どっちかというと、単純に今売れているやつと選ばれた時に選ばれるという。

比較された時に選ばれるという状態にすごい力を込めているので、そこまで極端に安くしなくても上がっていくというのが出来ていて、これってすごい理想だと思うんですよね。

これって、簡単に出来ることではなくて、商品の追求というか。
売る商品について詳しくならなきゃ駄目で、転売やる人なんでしたっけ。

 

K講師
転売をやる人は大人の仕事ではない。

 

石山
という持論を持っているんですけど。普通に、そこまで追求してやっている人って少なくて、さっき中村さんとも話しましたけど、ああいうこだわりがある商品ってすごい入り込めると思うので、いいなと思うんですけど。僕とか正直興味ないんですよ商品とか。たぶんもともと興味はないでしょ?
K講師
そうです。
石山
ないんですけど、仕事なんですよね。興味を持ってなくても、すごい他の人より調べた方が絶対良いです。そこまで考えてやっていないですね中国輸入やっている人って正直。だから、大分厳しいことを言っていますけど、僕も感じることは、二極化しているなってすごい思うんですよね。

二極化が浮き彫りになる時代にどう勝ち抜くか

最近特にAmazon、どう考えてもAmazonってこれから買う人増えるじゃないですか。

でも下克上というか、ちょっと前と比べたら、今儲かっている人に、
ある程度、ちょっと前だったら物まねして、価格安くして、
ちょっと良さそうに見せれば、バンって売れていました。

でも、それが厳しくなってくるとなると、どうしても、
元々すごい売れていたりとか、売れているべくして売れている人は、なかなか落ちにくい。

たまに、ラッキーで売れているとか、市場がたまたま良くて売れているとかって人はいるんですけど、そういうのはまた、僕らが入ったら一気に死んで行っちゃうんですけど、商品とかこだわったり、見せ方こだわってやっている人はなかなか、これからも上がっていきます。

だから、前より二極化がすごいなって。
サイバーマンデーもたぶん2年前くらいからやっているんですけど、
全然前は、今ほど売れていなかったんで、「ちょっとしたセールくらい」だったんですけど、今は「毎回会社員で言う所のボーナス」みたいな感じで。

日頃から頑張れている人は、今までより恩恵を受けることが出来るので、今皆さんそれぞれ商品やっていると思うんですけど、正直全然勝てると思うですよ。

勝てる商品で進めていると思うので。

ぜひそこは、講師だったり僕とかを、上手く使って欲しいですね。

結構遠慮されている方が多いみたいで、僕が喋りにくいのか分からないですけど、なかなか聞いてくれないことが多いので、結構聞いたら言うので、そこら辺は今後、懇親会とかもこの後やるので、なぜか僕の席の隣って、最初、懇親会空いているんですよね、単純に人気ないのか、怖いのか分からないですけど(苦笑)

絶対来た方が良いので、そういった感じで、前のめりにやって頂ければと思います、ということで、K講師、ありがとうございました。

合わせて読みたい

喋ったままをほとんど改変せずに載せたので、読みづらい部分もあったかと思いますが、お読みいただきありがとうございました。

分かる人には非常に分かるかと思いますし、響いた人にはだいぶ響いたのではないかな、と思います。

今後のビジネスの指針になれば、この上なく嬉しいです。
他にもOBC生にまつわる記事を用意しておりますので、下記にお示ししておきます。こちらも参考にしてください。

1、OBC生の主な実績ダイジェストはこちら

2、20代男性Oさんが、半年で月商500万円突破した話

3、50代事業主が月商2000万円を突破した話

4、旦那さんの給料を越える2人子育て中のママの話

5、60代から成功したSさん

6、地方在住で脱サラ後4ヶ月で月商400万円を超えたNさん

7、夫婦(家族経営)でAmazon物販ビジネスを実践の50代Yさん夫妻

カテゴリーから探す

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら