動画②「アンティークコインのメリットデメリット


>質問・ご意見はこちら<

<第1話「月に30万円以上の利益を稼ぐアンティークビジネスとは?」>

<第3話「アンティークバイヤーに向いてる人とは?説明会の中身は?」>

>【ウェビナー】本気で始めようと思ったらこちら<


○動画第2回の補足とハイライト

石山です。

2つ目の動画もご覧いただきありがとうございます。
(※1.25倍速とかで聞くと、聴き心地が良いかもしれないです)

この動画では

「アンティークコインのメリットデメリット」について

お送りします。

アンティークコインのメリットまとめ

1、商品の特殊性(価値が落ちない投資性)

コレクターや投資家が収集しているアイテムであり
これから数が増えることもありません。

なので、売れ残ったとしてもそのコイン自体に価値があるので、
売れ残って傷つく事も少ないです。

2、鑑定会社を使うから、目利きをする必要が少ない(価値が書いてある)

すでにコイン自体に価値が書いてあるので、目利きをする必要がないです。

鑑定会社には2社使うので、私のやり方では徹底活用します。

だからこそ「1つ売って数万円〜数十万円の利益」が得られるチャンスにすぐ気付けます。

そんなにあくせくと取引をしなくても十分な収入が得られるんです。

3、色々な価格帯がある(資金に合わせて利益を無理なくコントロール)

基本的にお金を持ってる人が買いますが、何億もあるコインの種類ですから、

価格帯は数万円〜数十万円〜数百万円と幅広い価格帯のコインがあります。

なので、

あなたのスタイルや稼ぎたい額に応じて

取引数やどのくらいの価格帯のコインを狙うかを選ぶことができます。

だからこそ、初心者から上級者まで

どのステージにいる方にもおすすめのビジネスになっています。

4、お客さんとの直接取引ができる

動画でもお話ししましたが、

取引に満足してくれたお客さんが一定数います。

そうなった時に、直接取引が可能です。

イメージとしては、あなたが富裕層や資産家の御用聞きとして、

コインを買い付け代行をしてあげるような形です。

単価が高いからこそ、1つ1つの取引に丁寧に時間をかけられるので、

非常に理想的な商売が出来るのではないでしょうか。

アンティークコインのデメリット


「成功事例や情報が圧倒的に不足している」
「正直、成功事例や情報が少ない」
「最初の1〜2ヶ月は普通の転売くらいのリサーチ量は必要」

です。

普通の転売で大して売上すら上がらなかった方は、

リサーチの量と質をこなさないと稼げないです。

当然といえば、当然です。

あとは、圧倒的に情報が足りない。

AmazonやYahoo!みたいにバカでかい市場ではないですから、

仕方ないかもしれません。

私がベンチマークしてるセラーは2019年現在10名くらいしかいないんです。

なので、まだまだ市場はスカスカです。

なので、私たちが皆で早いうちにこのポジションを取ってしまえたら・・・

素晴らしいですよね。

すぐにアンティークバイヤーとしてのキャリアを

始められるようになりますので、ご期待ください。

今すぐ席を確保してください。

→トップ0.1%のアンティークバイヤーになるWebセミナーはこちら

アンティークバイヤーに向いてる人とは?(第3話予告)

それでは、次の動画、

第3話では、「おれ、私はアンティークバイヤーに向いてるのかな?」

にお答えしていきます。

このビジネスも、もちろんワンクリックで楽して稼ぐなんてのは無理です(笑)

1ヶ月以上は少なくともリサーチに明け暮れてもらいます。

そしてある時「日本国内でニーズがあって、儲かるコイン」が見えてきます。

更に「そのコインを所持してるebayセラー」が見つかるようになります。

奥深いですが、超シンプルです。

しかも1度覚えた「儲かる」という感覚さえ持てれば、

リサーチした量がどんどん積み上がっていくから、

後々、どんどん楽になる。

こんな物販ビジネスは、そんなにないです。

・・・でも。

「私たちだけこのアンティークビジネスが楽勝だと思ってるのかも・・・」

ということで、もう少しこのビジネスへの「向き」「不向き」について考えていきます。

限定セミナーの登録はお済みですか?

コンサルの人数が常時10名が限度だと考えていますので、
人数が集まり次第、このWebセミナー自体を閉じるかもしれません。

ですので、

「興味を持った」
「善は急げ」

の経営者的な精神をお持ちの方は、早めにエントリーをお願いします。

→ ”ガチで稼ぐ”アンティークコインビジネスWebセミナーはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、Amazon×OEMビジネスの登録フォームですので、
アンティークビジネスの続きを見る方は、
「動画2」「動画3」「Web説明会」へと進みください。