1. TOP
  2. 第2ステージ(OEM商品×Amazon)
  3. 【Q&A】商品販売後の値段の上げるタイミングについて

【Q&A】商品販売後の値段の上げるタイミングについて

第2ステージ(OEM商品×Amazon)
この記事は約 3 分で読めます。

こんにちは、石山です。

この記事はステージ2の「OEM商品販売×Amazon販売」の中の、

「販売戦略」についてです。

販売戦略をする上で、

どうすれば1ページ目の一等地をゲットすることができるのか。

せっかく品質を頑張った商品ですから、最後まで気を抜かず、

ベストセラーを獲得してキープしていきましょう。

その販売戦略について考えていきましょう。

OBC生
商品販売中に値段をあげるタイミングと上がり幅の目安があれば教えてください!

価格は常に競合セラーと相対的に考えて調整する

価格は、常に競合セラーと相対的に考えて調整します。

なので、「1週間価格をキープすればいいのか」とかはありません。

市場の状況とユニットセッション率を見て調整していきます。

SEOは競合の方が上、でもベストセラー帯は自分の場合

「SEOはライバルの方が上だけど、販売ランキングが自分の方が高い」

という状況になったら、思わず値段を上げてみたくなる事があると思います。

そうなったときに、まずやらなければならないのは、

競合がなぜSEOが高いかを考える事。

つまり「なぜ競合は、自分よりAmazonを儲からせてるのか」

を考えてください。

競合が売れてるが自分が売れてない「見落としている検索キーワード」は無いか

自分の方が競合に比べて著しく売れてないキーワードはありませんか。

もしくは、検索クエリ(スマホ 手帳型)の複合ワードが無いかも

調べてみてもいいかもしれません。

SEO(検索順位)で圧倒的ポジションが取れたときに値上げするのが理想

SEO(検索順位)は「販売件数ユニットセッション率(レビュー)売値」

によって

「Amazonを如何に儲からせる事が出来たのかの総合評価です。


総合評価が高い商品は、AmazonではSEO(検索順位)を高めるように、

システムが作動していきます。


なので、顧客から見て

「自分の商品は競合の商品と比べられて、どう評価されるだろう」

考える事が本質です。

自社商品のカタログを見直す

次に、自社商品のカタログで「マイナス」を減らします。
具体的には、ユニットセッション率を落としそうな要素を外します。

・商品の画像に文字を詰め込みすぎて、ページからすぐ離脱される
・なんか怪しいな、と思われてページからすぐ離脱される
・競合よりもレビューが悪いからページから離脱される

といった、

マイナス要素を検証して、減らしていく努力をしましょう。

無駄をチェックする事が、圧倒的トップを取る近道

少し厳しいことを言うかもしれませんが、

  • ベストセラーを取れない人や、
  • ベストセラーをキープできない人や、
  • SEOをトップにキープできない人は


競合よりも「無駄な事」をやってる可能性が高いです。

なので、

利益をプラスにするためには、マイナスをカットしましょう。


そして、マイナスになってる要素を探す癖を身につける事が、

いちばん大事な本質です。

あわせて読みたい

1、OBC生の主な実績ダイジェストはこちら



2、20代男性Oさんが、半年で月商500万円突破した話


3、50代事業主が月商2000万円を突破した話


4、旦那さんの給料を越える2人子育て中のママの話


5、地方在住で脱サラ後4ヶ月で月商400万円を超えたNさん

カテゴリーから探す

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら