1. TOP
  2. 手軽に詳細なレポートを!グーグルアナリティクスの登録方法まとめ

手軽に詳細なレポートを!グーグルアナリティクスの登録方法まとめ

you85_pcsousasuru20131019130818_tp_v-1

こんにちは、中国輸入ビジネス(OEM)の専門家、石山です。

自社ネットショップを始めると、どれだけAmazonが恵まれた環境なのかがわかると思います。

 

恵まれた環境の1つとして挙げられるのはビジネスレポートで、Amazonであれば大口出品者になるだけで、非常に詳細なアクセス解析データをカンタンに入手できます。

自社ネットショップの場合はイチから用意する必要があるんですが、それを手軽に実現できるのがグーグルアナリティクスなんですよね。

 

今回は「手軽に詳細なレポートを!グーグルアナリティクスの登録方法まとめ」と題し、グーグルアナリティクスの登録や設定の方法をまとめていきます。

私はワードプレスでのサイト作りをオススメしていますので、ワードプレスを基準に解説させていただきます。

ビジネスレポートに変わるものを、あなた自身で設置する必要がある

Amazonではビジネスレポートを始めとして、商品カタログや商品の改善につながるような様々なデータが勝手に提供されていましたが、自社ネットショップではそれに変わるものをあなた自身で設置する必要があります。

アクセス解析のツールは色々と提供されてはいますが、その中で私がオススメするのはグーグルアナリティクスというアクセス解析ツールです。

 

グーグルアナリティクスは名前からわかるとおり、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。
無料ではありますが機能は非常に豊富で、データに関しても様々なものを取得できますので、ネットショップはもちろん、情報発信のサイトにも設置することをオススメします。

 

詳しい見方などは、あらためて別の記事でご紹介できればと思っています。

 

グーグルアナリティクスを使うためにはGoogleアカウント必須

お伝えしたとおりグーグルアナリティクスはGoogleが提供するサービスですので、使うためにはGoogleのアカウントが必要です。

もしまだ持っていない場合には、こちらの記事を参考にしてアカウントを作成してください。

 

Googleアカウントを持っていればアナリティクスだけでなくGmailが使えますし、それ以外にもGoogleから適切なサイトの評価を受けるために大切なサーチコンソールや、キーワードプランナーも使えます。

 

作って損はしませんので、まずは作っておきましょう。

 

グーグルアナリティクスの登録方法

アナリティクス側での設定

グーグルアナリティクスを使うためには、アナリティクス側での設定と、ワードプレス側での設定が必要になります。

まずアナリティクスのサイトにアクセスし、右上の「アカウントを作成」をクリック。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b91

 

おそらくGoogleアカウントの認証画面になりますので、パスワードなどを入れてログインすると、アナリティクスについての説明が表示されますので、一通り目を通した後に「同意します」をクリック。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b92

 

次に「お申し込み」をクリック。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b93

 

するとこんな画面になりますので、必要な情報を入力していきます。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b94

 

「アカウント名」と「ウェブサイト名」は同じで構いませんし、任意のものをつけてもOKです。

「業種」は色々ありますが、これもテキトーにどれか1つを選んでください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b95

 

「レポートのタイムゾーン」は「日本」を選択し、「トラッキングIDを取得」をクリックすると、

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b96

 

「利用規約」の画面になりますので、ここでも「日本」を選択し、「同意する」をクリック。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b97

 

これで、アナリティクス側の設定は完了です。

トラッキングIDはワードプレス側での設定に必要ですので、メモ帳などにコピペしておいてください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b98

 

ワードプレス側での設定

All In One SEO Packを使っての設定がオススメ

この後は、ワードプレス側での設定です。

ワードプレスのテーマによっては、設定の画面でトラッキングIDを登録できる場合があるので、そこで登録をしても構いません。

ですがその方法は万人に通用するものではないですし、何よりサイトのSEO対策のために、この段階で「All In One SEO Pack」というプラグインを入れておくことをオススメします。

 

All In One SEO Packは、WooCommerceやネットショップ向けにオススメのプラグインとしてご紹介しましたので、その段階で入れていただいたのであれば特に問題はないです。

 

All In One SEO Packのインストールと設定について

プラグインのインストール方法は、ワードプレスのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」とクリックし、

2016-10-22_100118

 

検索バーに「All In One SEO Pack」と入力すると、

2016-11-30_050233

 

検索結果に出ますので「今すぐインストール」をクリックした後、

2016-11-30_050240

 

「有効化」をクリックします。

2016-11-30_050255

 

すると左の項目に新しく「All In One SEO Pack」が追加されますので、そちらをクリック。

2016-11-30_050602

 

下のほうにスクロールすると「Google設定」という項目があり、その中に「GoogleアナリティクスID」という欄がありますので、ここに先ほどコピペしたトラッキングIDを入力して、

2016-11-30_050730

 

「設定を更新」をクリックすれば、ワードプレス側の設定も完了です。

2016-11-30_050744

 

アナリティクス側で「ホーム」に戻るとあなたのサイトが登録されていて、「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックすれば、

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b99

 

アクセス解析ができるようになっています。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b910

 

グーグルアナリティクスは使う機会も多くなりますので、お気に入りなどに登録しておくことをオススメします。

 

複数のサイトを管理する場合

アナリティクスに複数のサイトを登録して管理する場合には、

・アカウントを追加
・プロパティを追加

という2つのやり方があります。

 

これは、あなたの用途によって使い分けていただければと思います。

アカウントまたはプロパティの追加は、グーグルアナリティクスの「管理」をクリックした先で行います。

2016-11-30_052456

 

アカウントを追加

アカウントを追加は、まったく関連のないサイトを登録する場合に適していて、最大100まで登録できます。

登録方法は「アカウント」の下をクリックした後、「新しいアカウントを作成」をクリック。

2016-11-30_052510

 

すると、新しくグーグルアナリティクスにサイトを登録した時と同じ入力画面が出てきますので、必要な情報を入力して登録していけばOKです。

2016-11-30_052944

 

登録後の画面はこのようになり、先ほど作成したアカウントとは別の行が新しく作られます。

2016-11-30_053222

 

ちなみに削除したい場合は対象のアカウントを選択して「アカウント設定」をクリックし、

2016-11-30_053546

 

「ゴミ箱に移動」をクリックすれば、

2016-11-30_053619

 

確認の画面になりますので、そこで「アカウントをゴミ箱に移動」をクリックすればOKです。

2016-11-30_053629

 

万一誤って消してしまった場合は「ゴミ箱」をクリックして、

2016-11-30_053435

 

対象のアカウントにチェックを入れて「元に戻す」をクリックすれば、ゴミ箱から出せます。

2016-11-30_053733

 

プロパティを追加

プロパティを追加は、関連のあるサイトを登録する場合に適していて、最大50まで登録できます。

ショップの種類などでアカウントを分けても良いですが、基本的にあなた自身が管理するサイトなら、プロパティを追加で良いと思います。

 

登録方法は「プロパティ」の下をクリックした後、「新しいプロパティを作成」をクリックすると、

2016-11-30_054228

 

プロパティの時よりも、少しシンプルな登録画面が表示されます。

2016-11-30_054626

 

アカウントよりも項目は少ないので、登録はカンタンですよね。

登録が完了すると、このように1つのアカウントの中にプロパティの階層ができます。

2016-11-30_054942

 

プロパティについては削除の他に、別のアカウントへの移行もできます。

やり方は対象のプロパティを選択して、「プロパティ管理」をクリック。

2016-11-30_055201

 

ここで「ゴミ箱に移動」をクリックすればアカウントと同じように削除できますし、

2016-11-30_055428

 

「プロパティを移動」をクリックするとこのような画面になりますので、移行先のアカウントを指定して「移行を開始」すればOKです。

2016-11-30_055440

 

ユーザーを追加する

あなた以外もアナリティクスのデータを管理する場合には、ユーザーを追加することができます。
これはアカウントとプロパティそれぞれでできますので、一部のサイトだけを管理して欲しい時などにも有効ですね。

 

ユーザーの追加は同じく「管理」をクリックすると、アカウントとプロパティそれぞれで「ユーザー管理」という項目があります。

2016-11-30_060018

 

追加するためには、追加したい人のGmailを入力した上で、

 

必要であれば「表示と分析」jから権限を変更できますので、設定して「追加」をクリックすればOKです。

2016-11-30_055253

 

まとめ(30秒で読みたい方はコチラ)

・ビジネスレポートに変わるものを、あなた自身で設置する必要がある
・グーグルアナリティクスを使うためにはGoogleアカウント必須
・アナリティクス側、ワードプレス側での設定が必要
・ワードプレスでの設定はAll In One SEO Packがオススメ
・複数のサイトを管理する場合、下記2つの方法がある
アカウントを追加
プロパティを追加
・ユーザーを追加して、複数名での管理も可能

 

OEMに本気で取り組みたい方は、メルマガでより詳しい内容、そして最新情報を配信していますので、是非ともご登録ください。

石山芳和公式メルマガの特典について

名前

メールアドレス

 

あわせて読みたい

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

you85_pcsousasuru20131019130818_tp_v-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら