1. TOP
  2. 第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
  3. 【ヤフショ5分講座】Yahoo!ショッピングの数多ある広告との上手な付き合い方

【ヤフショ5分講座】Yahoo!ショッピングの数多ある広告との上手な付き合い方

第3ステージ(OEM商品×Yahoo!)
この記事は約 4 分で読めます。

Yahoo!ショッピングって実は、
ストアマッチ以外にも沢山の広告があります。

物によっては数万〜数十万円で
出せる物があります。

 

また Yahoo!ショッピングの担当の方は、
電話やメールなどで、こういった広告をガンガン紹介していきます。

広告の種類は数百件、実力は・・・・

 

 

またこの広告はこんなに効果が出てますっと言った感じで、
この様な広告を進めてきます。

実際やってみると広告費かけた割には
『全然売れてないじゃん!!』 って事はザラにあります。

 

それでも担当の方は、
ガンガン広告を進めてきます。

理由としては広告収入が入れば入るほど、
Yahoo!ショッピングかも、その担当者の方も、儲かるからです。

 

ノルマがあるのかまでは分かりませんが、
サラリーマンだったら絶対に決められたノルマがあるなら頑張りますよね。

よくある広告に関する質問

Q1:暮らしの応援クーポンは、使うべきでしょうか?

A1:条件をよく確認して、費用対効果を確認すべし

こちらのくらしの応援クーポンは、
ショップごとに決められた料率
PR オプションを設定すれば使えるものになります。

 

最初は2〜3%ぐらいに設定していれば使えるんですが、
どんどんその利率は上がります。

そして、いつの間にか 10%を
普通に越えてしまっているといった感じです。

 

しかし「最初からかけているからかけ続けた方がいいのでは?」
っていった感じで、 PR オプションを上げ続ける方もいます。

「そんなアホみたいな事やるわけない」と思うかもしれませんが、
営業の方のセールストークを聞いてると、
「もしかして自社書品の起爆剤になるのでは」
勘違いをしてしまう人もいるのです。

ですが、ここで冷静に考えてみましょう。

暮らしの応援クーポンに抜群に効果があるわけではない

PR オプションは、 くらしの応援クーポンを使うために
設定するものではありません。

くらしの応援クーポン自体めちゃくちゃ効果があるわけではないので、
一番重要なのは、
まずどのぐらいまでならPR オプションをかけても
利益がちゃんと取れるか把握した上で、
それを超えてしまったらそれ以上は設定しない、
というルール決めが大事です。

 

販売したてで SEO を上げるために
広告費を多く使うっていうのは、 戦略的には全然ありです。

しかし SEO が上がっている状態なのに、
高い広告費を使い続けると、どう考えても費用対効果は悪くなります。

売り上げは上がっても、 利益が取れていない、
なんて事もあります。

広告を使う際は「ルール作り」「広告の管理」
並行して行いましょう。

 

A2:タイムセールに依存する売上の立て方はNG!

スマホでYahoo!ショッピングのアプリを取って開いてみると、
こういうYahoo!ショッピングの24時間タイムセールが
開かれています。

  1. 商品レビューが 4.0 以上で評価が 1 つ以上ついてる
  2. 当店通常価格の 10%OFF以上安くする

  3. SALE価格は、500円以上にする
  4. 販売期間当日の23:59or翌日0:00に販売期間を終了するように設定する

って感じで、一定条件にクリアをして、なおかつ設定さえできれば、
タイムセールに掲載することができます。

商品の利益率を鑑みたタイムセールの使い方を

特に注意点は、強制的に『10%OFF 以上』にする
というポイントがあります。

なので、利益率が40%を超えるような高い商品でしたら
『どんどんやってみる!』という戦略もありですが、
この部分をしっかり管理していないと、
タイムセールをやった時だけめちゃくちゃ売れて、
『売上がすごく伸びた!』
『 でも通常はあまり売れていない・・・』

という感じとなってしまい、利益があまり残らないので、
むやみに広告を打つことはあまりよくないですね。

広告を使う際の条件(私の場合)

ご自身で広告運用のルールを作るべきなので、
あくまで参考にしてもらえたらと思うのですが、

  • 販売開始したばかりで、SEOを高めたい
  • 利益率が高い商品だから、一定の割合を広告費に回したい
  • 競合が掛けているから、自分も追随する
  • 営業担当者の広告勧誘には、安易に乗らない

といった感じで、
自分が何の目的で広告をかけているのかを考え、
全体イメージを持ち合わせた上で、
そのパズルのピースを埋めるように、広告をかける事が重要です。

正しく行えば、正しく利益は上がります。
また別の記事でも、Yahooショッピングの売上最大化のための
メソッドをまとめていきますので、
このサイトをフォローをしておくと良いかと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ECディレクターズマガジン(Eマガ!)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

石山芳和紹介 石山芳和一覧

石山 芳和

石山 芳和

1982年生まれ 福島県出身
株式会社グッドバイラル代表取締役
Amazon販売促進コンサルタント

現在はオリジナルブランド商品の販売を中心として会社員時代の10倍以上を安定して稼いでいる。その他にもセミナー講師やコンサルティングなどを行い500人以上の方々に独自のノウハウをお伝えしている。

直接指導してきたクライアントの中には月収300万を超える方もおり、月収30万円以上であれば多数輩出。

現在は独自のツールやプラットフォームの開発をビジネスパートナーと進めており「自分に関わる全ての人を幸福にする」というビジョンに向けて日々邁進中。

公式メールマガジンへのご登録はこちら